*

マリーナベイサンズに泊まって遊び倒してきた![シンガポール旅行]

公開日: : 最終更新日:2016/04/22 旅行(台湾以外) ,

  
これは、台湾に住む私keddyと台湾人夫ダーリンが、ハネムーンでシンガポールとモルディブに行った時の記録です。

 

ハネムーンという事でシンガポールでは憧れの、かの有名な「マリーナ・ベイ・サンズ」に宿泊した私たち。

CIMG5653

▲誰もが一度は憧れるあの船!マリーナ・ベイ・サンズ

この写真はマーライオン公園から撮ったものです♪

 

CIMG5766

▲夜、近くで見るとこんな感じです。すごい迫力!

 

ホテルの中はこんな感じになっています。

 

フロント

CIMG5555

インフォメーションカウンター

CIMG5557

 

緑が多く爽やかな印象の1階フロアは、昼間は外から光が差し込みとても明るいです。

これは夜中の静かな1階フロアの様子です。

CIMG6225CIMG6223 CIMG6224 CIMG6236

 

ホテルのフロントのある一階のフロアは誰でも入れるので、昼間はホテル宿泊客だけでなくショッピングモールに訪れる人や仕事で会議室を使う人、

レストランに食事に来る人等々様々な人が行き来して常に大勢の人がおり賑やかでした。

逆に夜中はとても静かで、宿泊客の中でもカジノに行く人や散歩をする人などが少し歩いているくらいでした。

 

 CIMG5841

▲最上階のプールからの景色

 

シンガポールには色々な観光スポットがありますが、マリーナ・ベイ・サンズには巨大なショッピングモールが直結していたり、カジノや映画館があったり、

宿泊すると最上階のプールに入れたりと施設が充実しているため、

他に観光に行かなくてもホテルだけで十分に毎日楽します。

 

今回は、私達がマリーナ・ベイ・サンズに泊まって満喫した内容をご紹介します♪

 

スポンサードリンク

マリーナ・ベイ・サンズのインフィニティプールを満喫!

マリーナ・ベイ・サンズの最上階のプールに憧れる人は多いですよね。

私もその一人でした♪

このプールに入れるのは宿泊者だけの特権なので、マリーナ・ベイ・サンズに泊まったらプールは外せません!

 

私たちも3泊している間、観光の合間を縫って何度もこのプールに訪れました。

朝・昼・夜と時間によって雰囲気も変わるので、時間があれば全ての時間帯に行ってみるといいと思います。

私たちも3日間で全ての時間帯を制覇しました(笑)

 

CIMG5831 CIMG5850 CIMG5861 CIMG5867CIMG5911CIMG5816CIMG5817CIMG5818

どの時間帯も良さがありますが、個人的には夜景が美しくておすすめです!

昼間~夜は人がとても多いので、人混みが嫌な場合は人が少ない朝に行くといいと思います。

 

プールのある側は小さくマーライオンが見えるのですが、

プールと反対側のほうから下を見下ろすと、スーパーツリーが見えます。

CIMG5807

 

プールと反対側にも椅子があって、のんびりできるようになっています。

小さなジャグジー風呂?みたいなのもありました。

CIMG5833

 

ちなみにこのプールのエリアにはレストランもありますので、レストラン目的で来る人達もいます。

レストランに行く場合はちゃんと服を着て行きましょう。

 

プールでの遊び方

私が最初プールに入るに当たって、どんな格好で何を持って行ったらいいのかいまいちわからなかったので書いておきます。

  1. 部屋で水着に着替え、上に部屋にあるバスローブを羽織る。又は上から服を着ていく。
  2. 最低限の必要な荷物をバッグに入れて持つ。(スマホとカメラくらい)
  3. カードキーを夫婦で一枚とかではなく、一人一枚持って最上階にエレベーターで上がる。
  4. カードキーで改札を通って、プールのゾーンへ入る。
  5. タオルを受け取る。
  6. 場所を確保して、バスローブを脱いでプール遊び開始!上から服を着てきた場合は、トイレに行ってトイレで服を脱ぐのがいいと思います。トイレもカードキーが必要です。

 

プールに更衣室は無いので、部屋から水着を着てプールに行きます。

最初は「水着+バスローブで部屋とプールを行き来していいのかな!?恥ずかしくないかな!?」と思っていましたが、皆そうしていました。

 

カードキーが一人一枚ないと、プールのゾーンに入れません。

タオルは無料で貸し出ししてくれるので、自分のタオルを持って行く必要はありません。

シャワーはトイレのところに一応ありましたが、私はプールで遊んだあとは部屋に帰ってシャワーやお風呂をしていました。

 

プールでの注意事項

  • プールは子供OKなエリアと大人のみが入れるエリアがあります。
  • プールからの眺めが良いからと言ってあまり身を乗り出すと監視員の人に注意されます。
  • 防水でないスマホやカメラで写真を撮って、テンションが上がってうっかりプールに落とさないようにしましょう・・・(笑)

 

プールで食事もできます

お腹が空いたらプールサイドで食事を注文することが出来ます。

CIMG5900

朝食や軽食・お酒やジュース・ご飯系など色々あります。

私たちは朝行ったときに、朝食を注文しました。

 CIMG5922 CIMG5923 CIMG5926

どれも美味しかったのですが、メニューを見ていただけるとわかると思いますがお値段が衝撃的に可愛くありません(笑)

しかし値段のことを気にしていたらここではやっていけないので、

「爽やかな朝の高層階のプールサイドでの朝食」という雰囲気を楽しみましょう(笑)

 

夜もお値段が可愛くないフライドポテトを頼みましたが、超山盛りでした。

2人だとちょっと多いです(笑)

 

SHOPの水着が可愛い!

万が一水着を持って来るのを忘れてしまっても大丈夫です。

このプールエリアの中の小さなショップに水着が売っているのですが、これが結構オシャレでカラフルでイケてます。

何かのブランドのものなのかな?と思いましたがわかりません。

 

しかしデザインがイケてる分お値段は200$~とかしてしまうので、お財布と用相談にはなります(笑)

「水着を日本から持って来るのを忘れてしまって買いたいけどダサい水着しか売ってなくて欲しいの無くて最悪!」

という事態は避けられるのでは無いかと思われます。

 

下のショッピングモールにもくまなく探せばあるとは思いますが、モールは広すぎるので水着が必要な場合はここで買うのが手っ取り早いと思います。

 

お客さんは何人が多い?

プールは宿泊者だけの特権のため、プールにいると「どこの国の人が泊まっているのかな~」なんてわかるのですが、

私たちの宿泊時には欧米系も中華系も日本人も韓国人も色々な国の人がまんべんなくいました。

 

宿泊前は日本人や中国人が多いのかな?なんて思っていましたが、欧米系も沢山いましたし、

アジアでは韓国人が比較的多めな印象でした。

 

私達が宿泊したのは4月の上旬ですが、お客さんがかなり多くて非常に活気がありました。

これがゴールデンウィークなど日本の長期連休だったりすると日本人が、旧正月など中華系の連休だと中華系が特に増えるのかな?なんて思ったりしました。

 

ショッピングモールを楽しむ

CHANELやGUCCIなどの高級ブランドからカジュアルブランドまで色々入っているショッピングモールがマリーナ・ベイ・サンズホテルから直結しているため、

宿泊しているとすぐにショッピングに繰り出すことが出来ます。

思いつく限りの有名ブランドは大体入っているので、ショッピング狂の人には非常に危険です(笑)

CIMG5569

 

このショッピングモールがかなり巨大で、真剣に見たらこのモールだけで1日居れます。

 

CIMG5566  

ショッピングモールの中には川が流れており、ゴンドラで一周することも出来ました。

ダーリンはかなり乗りたがっていて私もちょっと惹かれましたが、スケジュールがみっしりだったため諦めました(笑)

 

私たちはここのモールのTWGでお茶をしました。

台湾で初めてTWGに行ってダーリンも私もTWGが好きになったので、シンガポールに行ったら絶対にお茶しようと決めていたのです。

CIMG5576

このモールのTWGは2つあり、1つはアフタヌーンティー専用、もう一つは食事もできるTWGとわかれていました。

私たちはアフタヌーンティー専用のほうに行きました。

CIMG5575

▲アフタヌーンティー専用のTWGは川の上です。

隣にTWGのお茶やティーポット・マカロンなどが購入できるお店もあります。

 

今回は行けませんでしたが、このモール内にはスケート場や映画館もあるようです。

私たちは他の観光もあったので1階のフロアだけをぐるっと見ましたが、

シンガポールの灼熱の昼間にエアコンの効いたモール内でのんびり過ごすのはとても優雅な気分になりました。

 

最上階のレストランで食事

ハネムーンという事でディナーで奮発してやってきたのは、プールと同じ最上階の57階にあるレストラン「Sky on 57」です!

やっぱり女子は夜景が好きなんですよ夜景が!(笑)

 

ここのディナーはドレスコードがありますので、男性は短パンNGです。

私はドレスアップして行ったので問題なかったのですが、プールと同じ階だからといってプールのノリで短パンで来たダーリンはドレスコードに引っかかり、部屋に戻って着替えなおすことに・・・(笑)

 

入口は宿泊者専用プールエリアの手前にあるので、宿泊者でなくても利用できます。

CIMG6143

宿泊者だからと言って「予約しなくてもいいんじゃない~」と呑気に構えていたダーリンと、

「やっぱり予約はした方が良いんじゃない?」と心配性の私。

結果予約をしなくても入れましたが、少し待つことになりました。

出来れば予約をして行った方がスムーズです。

 CIMG6153

▲お店に入ったところの様子。奥がレストランです。

CIMG6164

美しい空間にテンションアップ!

 

室内がレストランで、外に出るとバー&クラブになっています。

夜景を見ながらディナーになるのかな?と思っていたのですが、ディナーは室内でとのことで、ディナー中に直接夜景を見ることはできませんでした。

しかし賑やかな屋外(バー&クラブ)に比べて室内は静かで大人な雰囲気で、エアコンが効いている中で落ち着いて食べられて良かったです。

CIMG6157

 

私とダーリンはこの日中途半端な時間に別のローカルごはんを食べていたのでお腹がとても空いているというわけではなかったのですが、

その事をスタッフの人に告げておススメを聞くと色々と説明して下さいました。

(中国語が通じました♪)

 

CIMG6165 CIMG6166 CIMG6173

▲私の大好物、ウニのパスタ

CIMG6168

▲フォアグラの小籠包です!

フォアグラ好きな私歓喜!ダーリンもかなり気に入ったご様子で取り合いになりました(笑)

 

CIMG6175 CIMG6176 CIMG6182 CIMG6183

 

お値段はかなりのセレブリティ価格でしたが、ハネムーンだし料理はどれも美味しかったし雰囲気もサービスも良かったので私達夫婦は大満足でした♪

 

そして食後に屋外のバー&クラブのエリアに出ることが出来、夜景を楽しむことが出来ました♪

 CIMG6188CIMG6195

▲手前真ん中に見えているのはヴィトンの島です。

ヴィトン好きもそうでない人も行くと楽しめるらしいのですが私たちは時間的に行けませんでした(´Д⊂

CIMG6204 CIMG6207 CIMG6222

夜景を色々な角度から楽しむことが出来ました♪風も涼しくて気持ちよかったです。

やっぱり夜景は最高!!

 

カジノに挑戦!

ホテルからはカジノにも行けるので、せっかくなので挑戦してみました!

私もダーリンもカジノ初挑戦です♪

 

ショッピングモールを通ってカジノへ。

CIMG6227

 

カジノの中は撮影禁止なので、カジノの前をパチリ。

CIMG6229 CIMG6230

 

カジノは24時間営業です。

中は喫煙フロアの1階と禁煙フロア(規模小さ目)の2階に分かれていました。

中ではアメリカドルなど外貨からシンガポールドルの両替も出来ます。

ペットボトルの水やコーヒーなどは無料で飲み放題で、レストランなど食事処もありました。

カジノに長時間滞在する本気の人がお腹が空いても安心です(笑)

 

中の様子は日本の大きなゲームセンターのような感じで、大学時代に大きなゲームセンターでバイトをしていた私には見た目的には思っていたほどの驚きはありませんでした(笑)

日本のゲームセンターってすごいと思います(笑)

 

しかし当たり前ですが賭けているのが本物のお金で、一回の賭け金が安い車を買える金額とかいう貴族の遊びの金額設定のものもあるのが衝撃でした。

遊び方は意味が分からないと見ていてもつまらないし、遊べません(笑)

ダーリンが色々と知識として知っていたので教えてもらいましたが、それでもほとんどのものは意味が分からなかったので、

ダーリンがいなかったら遊ぶことも出来ず完全にうろついて終わりだと思いました(笑)

 

私たちは体験目的で行ったので本気で勝とう(勝てる)なんて思っていませんでしたが、最終的に5ドルくらい勝ちました(ダーリンが)。可愛いもんです。

中には大金を賭けていて目が本気で笑っていない人達もいたので、カジノは怖いところだと思いました(笑)

 

お部屋の情報

最後にマリーナ・ベイ・サンズのお部屋の情報を少々。

アメニティ・設備のこと

流石高級ホテルだけあって、歯ブラシなどアメニティ―は必要な物は大体揃っていました。

 

シャンプーとトリートメントはその質が女性にとっては気になるところですが、

私はホテルのやつですごく髪がきしむということもなくいい感じだったので毎日使いました。

気になる方はマイシャンプーとトリートメントを持参されるのがいいかと思います。

 

あとこれはどこのホテルでもそうですが、メイク落としと洗顔・化粧水などの基礎化粧品などは無いので女性は必須です。

ドライヤーは風力強めなドライヤーが備え付けてありますので、特に持って行かなくても大丈夫です。

お水は毎日無料でペットボトルの水がもらえます。

無料Wi-Fiもあります。

 

プラグのこと

変換プラグは持って行きませんでしたが、ホテルに一つ変換プラグが備え付けてあるのでそれを使い、スマホの充電などをすることが出来ました。

「一つじゃ足りない!」という場合はフロントに言えば貸し出ししてもらえるそうです。

(ちなみに電圧はシンガポール(230V)と日本(100V)・台湾(110V)は違うので海外対応製品以外の日本・台湾製品を使う場合は変圧器が必要です)

 

その他

トイレがやたらいい匂いがしました。

現在住んでいる台湾の家(賃貸)にはバスタブが無くシャワーのみの生活なので、部屋にある大きなバスタブに興奮して毎日お湯を入れて入りました(笑)

私はですが、シンガポールの水が合わないなんていう事もありませんでした。

 

お部屋のお掃除の人によっては、こんな可愛い事をしてもらえる場合もあります♡

CIMG5630

CIMG6116

部屋に帰って来てこれが居たときにはキュンとしました( *´艸`)

 

マリーナ・ベイ・サンズのコンビニの場所

海外旅行で気になるのがコンビニの場所ですよね?(笑)

小腹がすいたときやお菓子などのお土産を買いたい時、用がなくてもチラ見したい等々、私は結構海外のコンビニが好きです(笑)

 

コンビニはマリーナベイサンズのホテルやショッピングモール内には見かけませんでしたが、

直結しているMRTの駅の入り口まで行くとそこに小さなセブンイレブンがありました。

ダーリンにセブンイレブンでシンガポール限定カップヌードル(チリクラブ味)を買ってきてもらい、モルディブでひっぱり出して食べました(笑)

CIMG7313

これは衝撃のおいしさだったので辛いものが好きな人にはおすすめです!

 

まとめ:マリーナ・ベイ・サンズは最高だった!

マリーナ・ベイ・サンズの付近はとても賑やかです。

スーパーツリーのあるガーデンズ・バイ・ザ・ベイにも歩いて行けますし、マーライオン公園もタクシーで近く、夜はショーも見れます。

MRTの駅も直結しているのでMRTに乗りたい場合にも迷わず行けます。

なのでホテル内で過ごすのが快適なだけでなく、観光に出かけるのにも便利です。

 

IMG_2279

 

私たちはシンガポールが初めてで他の地域の観光もしたかったので色々と出かけましたが、

ホテルとその周辺だけでもとても楽しめるので、時間に余裕があればホテルで1日のんびりするのもありだなぁと思いました♪

 

噂によるとこのマリーナ・ベイ・サンズ、韓国の会社が建てたそうなのですが手抜き工事(?)により年々傾いているとかいないとか。

という事で行くなら早めがおすすめです!(笑)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

ブログ内の記事を今すぐ検索♪


  • KEDDY
    台湾の新北市に住んでいます。
    1986年生まれのA型の魚座。台湾が好きで台北に留学経験あり。帰国後台湾人のダーリンと運命の出会い♡をし、まさかのスピード結婚。ダーリンと二人で毎日楽しく暮らしています。詳しいプロフィールはコチラ

  •             
  •    follow us in feedly  
  • まだデータがありません。

  • まだデータがありません。

  • まだデータがありません。

  • まだデータがありません。

  • まだデータがありません。

  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑