*

【女子旅】飛行機内のおすすめの服装と、女子的快適な機内の過ごし方!

公開日: : 旅行(台湾以外)

  

こんにちは、海外旅行好きなkeddyです。

海外旅行で悩みがちなのが、飛行機でのことについてですよね!

特に初めての海外旅行の場合には、フライト中機内で何を着たらいいか服装に悩んだり、

「エコノミークラスの狭い席で果たして何時間も無事過ごせるのか!?」とか色々と心配事が出てくると思います(笑)

 

特に服装は重要です!!

「機内は楽な服装が良いってわかっているけど、空港に行くまでの道のりがあるからあまりにも変な格好はしていきたくないし、道中の写真も撮るから可愛いコーデで行きたい!

現地についてからもホテルまでの道のりがあるし、そもそも自分の好みのコーデじゃないとテンションが上がらない!」

と(私のような)女子は色々と面倒なのです(笑)

 

このブログの読者様はご存知、私は夫が台湾人な関係で台湾と日本との行き来が一番多いので、台湾行きのフライトに限っては慣れっこです。

日本台湾間のフライトなら席に座ったら一瞬で寝て台湾まで爆睡できるのですが(笑)、台湾以外の国で行ったことがない国、フライトが長い国となってくると話は別です。

台湾の3時間程度のフライトでも機内を快適に過ごせるかどうかは重要になってきますが、フライトが何十時間にも及ぶ国ではその重要性がさらに高まります。

フライト中に疲れ過ぎて体調を崩して現地に付いたら動けない・・・なんてことにはなりたくないですもんね!

 

という事で今回は、旅行好きの私が考える飛行機内のおすすめの服装と、機内を快適に過ごすためにしていることをまとめてみました!

これで機内コーデもバッチリ、エコノミークラスのフライトも超快適(いや、ちょっとマシになる)・・・はず!?

※写真はガーリーな服好きピンク大好きなピンクおばさんkeddyのセレクトなので、自分の好きな色の服やテイストに置き換えてご想像ください♡

 

スポンサードリンク

服装選びのポイント

まずは服装選びのポイントをまとめた後、私のおすすめのコーデを書いていきますね♡

 

ポイント1 汚れても良いプチプラコーデ!

折角の海外旅行、お気に入りの服を着ていきたいのは山々ですが、機内は汚れても良いプチプラ服で過ごすのがおすすめです!

何故なら機内では服が汚れてしまう場面が意外とあるんです。

 

エコノミークラスの機内は狭いのでご飯を食べるときにうっかり服についてしまうこともありますし、機内で出てくる飲み物はコップに蓋が無いので飲み物をこぼしてしまう可能性もあります。

窓側に座っていてトイレに立つ時には狭いので隣の人にぶつかってしまったりその逆だったり、

また自分で気をつけていても飛行機が急に揺れることがあるので、その際に食べ物などが近くにあると服が汚れてしまう事があります。

なので、もし服が汚れてしまっても後悔しないレベルの服を着ていくと良いです!

 

今はH&Mやforever21など海外の激安ファストファッションも充実していますし、プチプラでもオシャレな服が沢山あるので、プチプラで十分に自分好みの可愛いコーデが組めます!

私はGUやユニクロ、しまむらやGRLなどの~3000円くらいの本当にプチプライスな服を着ることが多いです♡

 

ポイント2 とにかく楽さを追求

飛行機に一度乗ったらトイレに行く時間以外は狭いエコノミーのシートに座っていなければいけないので、なかなかしんどいです。

なのでとにかく自分が楽だと思える服装で行くのが大事です。

 

ポイント3 温度調節が出来る服装

機内は暑い時も寒い時もあります。

人がぎゅうぎゅうに乗っていて混雑している機内だと人の熱気で暑いときもありますし、逆にはじめは少し暑いと思っていてもエアコンが当たって寒くなってくるときもあります。

座る場所によってはエアコンの風がやたらあたってずっと寒いときもありますし、

飛行機によってもどこ行きに乗るのか(欧米の航空会社等は欧米人の暑がりな体質に合わせて機内温度を低めにしているらしいです)によって終始とても寒い時もあります。

なので機内では色々な場合に備えて、温度調節が出来る服装が良いです。

 

夏ならキャミソールやタンクトップなど、薄着すぎる服一枚だけで乗るとフライト中に確実に寒くなるのでおすすめしません。

そういう服装の場合は必ず羽織も一緒に持って行くと良いでしょう。

冬なら分厚いセーター1枚のみで乗ってしまうと、暑くなっても脱ぐことが出来ないので非常に困ります。

またヒートテックを中に来ている場合には、その上に分厚い服を着てしまうとヒートテックの性能が良すぎて機内で暑すぎることがあります(笑)

私はそうなった時暑さに耐えられず機内のトイレでヒートテックを脱ぎましたが、トイレに行って脱ぐのも面倒なのでヒートテックの上にはあまりにも分厚い服を着るのはおすすめしないです(笑)

 

ポイント4 着心地が良い服装

機内で快適に過ごすためには、服の着心地もとても大事です!

例えば冬、ニットを着ることが多いと思いますがチクチクして着ると少し痛い素材とかありますよね?

ああいうのは日本で少しお出かけの時に着るくらいなら我慢できますが、飛行機で狭いエコノミーシートで、特に長いフライトとかになると本当に耐えられません!(笑)

 

あと冬場タイツを履いて乗るときですが、タイツが擦れると少しチクチクする素材であった場合に機内で足が痒くなるということがありますので、肌に合わないチクチク素材はやめましょう(経験者。笑)

機内の狭いシートではもし体が痒くなってもあまり掻けないですし、何よりストレスがハンパないです・・・(笑)

 

服の着心地が悪いとフライト中地獄なので(笑)、いくら可愛くて気に入っている服でもサイズが合っていなくて苦しいとか、

生地の質感が自分に合わないという服は着るのはやめておいた方が良いです。

もし海外旅行用に新しい服を買ってフライトの日初めて着るという場合には、事前に試着してみてその服の素材が自分に合っているかを確認しておくと良いです。

 

ポイント5 トイレに行きやすい服装

機内のトイレは狭いですし時間帯によっては行列することもあるので、できるだけ素早く用を足せるようにトイレがしやすい服装が良いです。

オーバーオール・ロンパース・オールインワン・サロペット・コンビネゾン・つなぎ等と呼ばれる上と下が繋がっていて下がパンツというスタイルは可愛いですし動きやすいのですが、

その上に羽織を着ていたりするとトイレの度にいちいちそれを脱がなければならず、半端なくめんどくさいので私は避けています(笑)

 

以上の点を踏まえて、私の個人的なおすすめの服装はこちらです!

 

機内のおすすめ服はこれ♪ 

  1. 丈が長めのワンピース(マキシワンピース)
  2. 丈が長めのスカートのセットアップ
  3. スウェット上下
  4. 【トップス】薄手の長袖もしくは半袖
  5. 【ボトムス】丈が長めのスカート(ロングスカート・マキシスカート)
  6. 【ボトムス】スカンツ・スカーチョ・ガウチョパンツ・ワイドパンツ
  7. 【羽織りもの】カーディガンまたはパーカー/ストール・マフラー

 

1.丈が長めのワンピース(マキシワンピース)

 s-img_6221   

私的最強なのが丈が長めのワンピーススタイルです!

ワンピースは一枚で着ても可愛いので空港までの移動のときもバッチリですし、なによりお腹を締め付けないので最高に楽です!

機内では殆どが座っている時間なのでお腹の部分は出来るだけ締め付けが無いほうが良いのですが、

ワンピースなら締め付けが無なので、全ての服の中で一番体が楽なのではないかと私は思っています(笑)

 

機内では常に座っていて動かないのに加え、機内食も食べます。

そんな時締め付けが苦しいボトムスを履いていたら、食べたものが上手く消化されずに気分が悪くなることだってあるかもしれません・・・

その点ワンピースなら締め付けが全く無いので安心です。

 

マキシワンピースなどの丈が長めのものを選べば機内で寝ているときに少々足を開いてしまっても見苦しいレベルにはならないですし、足が冷えるのも防ぐことが出来ます。

私は今までのフライトではこのマキシワンピース率が一番高いです♪

 

2.丈が長めのセットアップ

s-img_6223

丈が長めのセットアップもおすすめです!

なぜセットアップかって??それはもちろん、コーデを考える手間が省けて楽してオシャレに見え、更に機内も過ごしやすいからです!!(笑)

ウエストの部分がゴムになっているもの推奨です!

特に冬場は可愛いセットアップが沢山発売されるので、冬場の機内コーデにおすすめです。

 

3.スウェット上下

スウェットは着心地でいったら最強の生地かもしれません。

スウェットの着心地は本当に素晴らしいです。

汚れてもガンガン洗えるので、気兼ねなく着れるのも良いですね◎

 

ただスウェット上下というファッションは海外のセレブや美人のお姉様が着るととてもオシャレに見えますが、

寸胴で短足の私が着ると普段着感というかパジャマ感が滲み出てしまいオシャレのかけらも無くなってしまうので、私はなかなか着こなせません・・・(笑)

ファッション的には難易度が高いのですが、着心地が最高のためおすすめです!

 

4.【トップス】薄手の長袖もしくは半袖

s-img_6222

機内で暑すぎたり寒すぎたりすることのないよう、トップスは真夏でも袖なしのものではなく半袖のもの、冬は分厚いセーターは避けます。

春夏ならシフォン素材のもの、秋冬なら薄手のニットくらいがいいと思います。

寒い国へ行くときや機内が特に寒いと想定される時(欧米の航空会社など)、特に寒がりな人などはタートルネックの服だと首が保温されていい感じです。

 

5.【ボトムス】丈が長めのスカート(ロングスカート・マキシ丈スカート)

s-img_6227

とてもスカート好きで、機内コーデもマキシ丈スカート推しのワタクシ・・・(笑)

楽で可愛く見えるのはやっぱりマキシスカートです!

 

6.【ボトムス】スカンツ・スカーチョ・ガウチョパンツ・ワイドパンツ

s-img_6220

近年流行りのスカンツ・スカーチョ・ガウチョパンツ・ワイドパンツ、これらも超ラクチンなので機内コーデにおすすめです!

大体ウエストはゴムな事が多いですしね♪機内は絶対にゴムウエスト推しですから!

どれもパンツなので、スカートがあまり好きではないという人や機内をスカートで過ごすのに抵抗があるという人にもおすすめです。

私はずっと機内はロングなスカート派でしたが、ここ最近はガウチョやスカーチョなんかも良く履いてます。

オシャレ感もあってGOODです。

 

7.【羽織りもの】カーディガンまたはパーカー/ストール・マフラー

s-img_6224

機内において、羽織りものはマストです!!

機内で毛布をもらえるときもありますが1枚では足りないほど寒い時もありますし、もらった毛布がペラペラで全然暖かくないこともあります。

LCCではそもそも毛布がありません。

なので如何なる時も、自分で防寒対策用に持って行った方が良いです。

 

カーディガンやパーカーを一枚持参しておけば、エアコンで肌寒いと感じたときや窓側の席に座っている関係で肌寒いと感じたときなどに、上着として着る以外にも膝においてひざ掛けとしても使えます。

フード付きのパーカーだと寝るときにフードを被ると首が温かいです。

(ロングヘアで髪の毛をおろしている状態でフードを被って過ごしていると、目的地に着いたときに後頭部の髪の毛がグチャグチャに絡まっているときがありますが・・笑)

 

また私は寒がりなので、羽織りものに加え夏はストール、冬はマフラーを持参してそれらもひざ掛けや毛布替わりにして使っています。

マフラーやストールは旅先でも万能なので一つ持っていくととても便利です。

 

女子的、機内での快適な過ごし方

281ab7afd43f19c3c3ab93510c9dcb7a_s

続いて私が機内で快適に過ごすために、飛行機に乗ったらすることをまとめてみました。

 

搭乗するまで

  1. ペットボトルの水を買っておく
  2. 酔い止めを飲んでおく

 

機内は乾燥して喉が渇きます。

LCCでなければ機内でも水は出ますが食事の時は喉が渇いて食事と一緒に飲んでしまいますし、その他の時間にわざわざCAさんに水をもらうのも面倒なので、私はペットボトルの水を買って機内に持って行きます。

また私は乗り物酔いしやすいので、(特に疲れているときなどは)飛行機酔いしてしまわないように酔い止めを飲むこともあります。

 

離陸前

  1. バッグから耳栓を取り出して装着する
  2. 靴を脱ぎ持参したもこもこ靴下を履く
  3. 持参したスリッパに履き替える
  4. 前の座席の下にバッグを置く
  5. 機内販売の免税品の冊子などを読む
  6. 入国に必要な紙を書く

 

私は耳がとても弱くて離陸の時には必ず耳が痛くなり耳抜きも出来ないので、耳が不快にならないように耳栓をします。

耳栓があるとないのとでは天国と地獄くらいの差がありますので、三半規管が弱い人にはおすすめです(笑)

 

冷え性な私はフライト中に足が冷えて辛くならないように、もこもこ靴下を持参して機内で履くようにしています。

フライト中は足が浮腫むので、ここでむくみ対策用の靴下を履いておくのも良いかもしれません。

靴を脱いでスリッパに履き替えておくと、ずっと足が靴で圧迫されることがなくて快適です。

 

前の座席の下にバッグ(大きめの、雑に扱っても良いようなバッグが望ましい)を置いて、それを足置きにすることで足が少し楽になります。

足置きにすること前提なので(笑)、オシャレなブランドバッグとかは避けて床に投げ出しても良いような中くらいのボストンバッグを持って行きます(私はしまむらで購入。笑)

旅行用のフットレストを持って行ってもいいと思います。

 

CAさんから入国に必要な紙を受け取ったら、私は真っ先に書いてしまいます。

自分の性格上、後回しにすると飛行機を降りる頃になったら絶対に忘れていると思うからです(笑)

離陸する前は意外と時間があり映画なども見れなくてどうせ暇なので、その時間を使って書いてしまいます♪

 

食事のとき

  1. 無理して食べすぎない
  2. 余裕があれば食後に歯を磨く

 

私は出された食事を残すのに抵抗があるタイプなので以前は頑張って全部食べていましたが、あまりお腹が空いていないときや食欲が無い時には、その後のフライトの事を考えて無理して食べない方が良いです。

機内食を無理して食べるとその後フライト中に胃が苦しくなったりして辛いので、無理はやめましょう。

食後はトイレが混み合うのでトイレに並ぶのもなかなか面倒ですが、歯を磨いておくと気分もスッキリするので食後はトイレに行ってササッと歯磨きすると良いです。

 

機内で過ごすとき

  1. 1DAYのコンタクトをはずして捨て、眼鏡にしておく
  2. 喉が乾燥したらのど飴を舐める
  3. 酔って気分が悪くなったら百花油(台湾の薬用オイル)を塗る(笑)

 

私は目が悪いのでコンタクトですが、フライトの時はコンタクトの液を機内に持ち込んでコンタクトケースにコンタクトをしまうのも面倒なので、1DAYのにして取ったらそのまま捨てます。

コンタクトの液がカバンの中でこぼれるという心配もないですし、楽なので1DAYはとても良いです。

 

機内の乾燥によって喉が乾燥して風邪みたいになることがあるので、そのときはのど飴を食べると大分違います。

また私は飛行機に酔うことがあるのでその時は台湾の百花油というスーッとするオイルを塗っていますが、薄荷の匂いがあるので隣がダーリンか家族か気のおける友達かじゃないと使えません(笑)

全く乗り物酔いしないダーリンにはいつも「またうちのおばあちゃんみたいなことして・・・」と白い目で見られながら、百花油のお陰で快適に過ごしています(笑)

 

寝るとき

  1. 持参したメイク落としシートでメイクを落とす
  2. 洗顔シートで顔を拭く
  3. 持参したクリームを顔に塗る
  4. リップクリームを塗る
  5. マスクをする
  6. パーカーを着ている時はフードを被る
  7. ネックピローをする
  8. アイマスクをする
  9. 寝る

 

お肌に負担がかかりすぎないように、寝る前にはメイクを落とすようにしています。

トイレに行ってメイク落としでメイクを落とすのは大変ですしトイレを長い時間占領するのも気が引けるので、メイク落としシートを使って席でパパッと落としてしまいます。

その後に洗顔シートで顔を拭いてサッパリした後、保湿用のクリームを肌に塗りこんで、お肌ケアは完成です。

(基本めんどくさがりなので最低限のこれくらいしかしません。笑)

乾燥で唇がガサガサになるので、ポケットにリップクリームを入れておいて寝る前にも塗っておきます。

 

寝ている間の顔が隠せるのと、喉の乾燥を防ぐためにマスクは絶対にあった方が良いです!

マスクをしないで寝ると喉が乾燥しすぎて風邪みたいになります・・・。

 

パーカーを着ている場合にはフードを被っておくと、首回りが保温されていい感じです。

パーカーでない場合にはストールやマフラーを首に巻いておきます。

首が温かくなるとほんわかした気分になってよく眠れます(個人的な感想)

ネックピローやアイマスクがあるとより快適に眠ることが出来るので、特にロングフライトの時にはおすすめです。

ピンクおばさんの私は以前目が書いてあるピンクのアイマスク(H&Mで購入)をしていたらかなり不審者だったので、アイマスクは地味に黒のやつとかがいいと思います(笑)

 

快適な空の旅を!

以上が、私の飛行機内のおすすめの服装と、快適な機内の過ごし方でした!

海外旅行って、行く前のコーデを考えるときなんかもワクワクしますよね☆

機内で快適に過ごすためには、上で書いたような事前に準備して機内に持ちこんだ方がいいものもあるので、時間に余裕をもって準備をして快適な空の旅をお過ごしください♡

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

ブログ内の記事を今すぐ検索♪


  • KEDDY
    台湾の新北市に住んでいます。
    1986年生まれのA型の魚座。台湾が好きで台北に留学経験あり。帰国後台湾人のダーリンと運命の出会い♡をし、まさかのスピード結婚。ダーリンと二人で毎日楽しく暮らしています。詳しいプロフィールはコチラ

  •             
  •    follow us in feedly  
PAGE TOP ↑