*

定番!マーライオン公園とガーデンズバイザベイが楽しい![シンガポール旅行]

公開日: : 最終更新日:2016/04/25 旅行(台湾以外) ,

  
これは、台湾に住む私keddyと台湾人夫ダーリンが、ハネムーンでシンガポールとモルディブに行った時の記録です。

 

私は初めてのシンガポール旅行、ダーリンは10年ぶりで前回の記憶はほぼ無いという事で(笑)、

とりあえずシンガポールと言えば!の定番中の定番、マーライオンが居る「マーライオン公園」と、

近未来的な木が印象的なシンガポールの比較的新しい定番観光スポット「ガーデンズバイザベイ」に行きました♪

 

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」ってこの木があるところです。

IMG_2314

写真で初めて見た時、

「幽白(幽遊白書)の魔界に生えてたアレが実在するなんて!」と衝撃を受けたのは私だけではないはず?(笑)

↓魔界に生えてたアレ

075721fe7126f7f1a0d4884bd587df91

 

どちらもすごく楽しかったので、初めてのシンガポール旅行にはおすすめです!

 

スポンサードリンク

がっかりじゃない!マーライオン公園

世界のがっかりスポットとか言われているマーライオンですが(笑)、

「やっぱり初めてシンガポールに来たからにはマーライオンは外せない!」と意気込んでマーライオン公園に行きました。

 

こちらが噂のマーライオンさん!

CIMG5696

確かにすごく大きいかと言われたらそこまで巨大ではないですが、凄い勢いで水を噴出しておりました。

「おおーこれがマーライオン」と色々な角度から眺めまわす私たち(笑)

CIMG5663CIMG5697

マーさんの顔をよく見てみるとなかなかのブサカワでした。

私的にはそんなにがっかりじゃありませんでしたよ♪

 

私たちのような「シンガポール来たからとりあえずマーライオン!」な観光客は沢山いるようで、

マーさんは世界各国の観光客たちに大人気で写真を撮られまくっていました。

 

ここでは自分をマーライオンに見立てて遠近法で水を吹き出しているように写真を撮ってみたり、

水を受け止めているようなポーズで撮ってみたり、

はたまた水をかぶっているようなポーズで撮ってみたりと、

皆遠近法の駆使に忙しい記念撮影スポットとなっております(笑)

 

私たちももれなく色々挑戦しましたが、シンガポールの昼間はとにかく暑い!!!

頭がハゲそうなほどの直射日光が降り注ぐ中、カメラと自撮り棒を持って

「そこもうちょっと右!違う違う!あ、ちょっと手前出て!」とか夫婦2人でやってるうちにダーリンは滝のような汗を流しておりました。

普段代謝が悪くあまり汗をかかない私も汗をかなりかき、帽子を被ってこなかったことを心の底から後悔しました(笑)

暑さで体力を消耗しますので、昼に行かれる方はサングラスと帽子はあった方が良いです。

 

このマーライオンが居るところは開けているので景色はとても良く、マーライオンだけでなく付近が一通り見渡せます。

宿泊中のマリーナ・ベイ・サンズもこの通り!

CIMG5654

そしてここでも私たちはこのマリーナ・ベイ・サンズをバックに、

遠近法で持ち上げてみたり、掴んでみたりと撮影が忙しいのです(笑)

CIMG5655CIMG5653 

写真を撮るのが好きな私としては見逃せないスポットでもありました。

ちなみにマーライオンの近くには小型のミニマーライオンもいて、それも可愛かったです♪

 

マーライオン公園のスノーアイスが・・・

マーさん撮影に満足した私たちは、とにかく暑いので休憩できるようなところを探してさまよっていると、

マーライオン公園内にキャンディーやアイスを売るお店がありました。

CIMG5700

 

海外っぽいカラフルなキャンディーがとっても可愛いこのお店。

CIMG5703 CIMG5708

 

なんと、私が食べたいと思っていたシンガポールスイーツ「スノーアイス」があるではありませんか!

CIMG5704

スノーアイスは台湾でいうところの雪花冰なので「台湾で食べればいいじゃないか!」という声が聞こえてきそうですが、

シンガポールのはシンガポール仕様になっており台湾のともまた違うのです。

CIMG5706

真ん中のおすすめ商品であろう05番がマンゴーとタピオカのスノーアイスで間違いなく安全圏そうですが、

「マンゴーのなら台湾で食べればいい!」と思った私は何を血迷ったか

写真の中でも黄色・緑・赤と一番毒々しい色をした02番の一体何なのかよくわからないスノーアイスを注文。

 

そして、出て来たのがこれ

CIMG5707

明らかに写真とは違うしなんかヤバそうなのキターーーーーーーーーーー(゚∀゚)!!!

 

結果、

真ん中の白い丸い物体が食感も味も非常にいただけなく、中でも特に良くないのがコーンポタージュ的なものが中に紛れ込んでいる事です。

台湾で今まで数年間ずっと避け続けてきたコーンの雪花冰の味をまさかこんなところで味わう事になるとは・・・・・・・・・・・・

「他の小豆やゼリー類はまあ良いとして、なぜそこにコーンポタージュ的なものを入れてしまったんだ!」と残念でなりません(笑)

 

ここではスノーアイスはおとなしくチャイナタウンとかで食べたほうが確実に美味しいという事を学び、そして

台湾に帰ってもコーンの雪花冰には今後も絶対に挑戦しないぞと決意したマーライオン公園での昼下がりでした。

 

近くにスタバあり

何も怪しいスノーアイス店(しかも屋外)で休まなくても、クーラーの効いたスタバが近くにありました。

何がどこにあるのかを把握していなくてうっかり手前に見えた残念な店に入ってしまう海外旅行あるあるです。

 

スタバにはシンガポール限定のタンブラーやカップなども売っていたので、

海外限定スタバタンブラーとかを集めている人はマーライオン公園観光ついでに立ち寄れておすすめです。

CIMG5710 CIMG5712

 

スーパーツリーに感動!ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

シンガポール行きを決めてから一番に「ここ行きたい!」と思ったのが、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイです。

魔界のアレ・・・もとい、スーパーツリーを近くで見てみたかったんですよね!!

 

私たちは宿泊していたマリーナ・ベイ・サンズから、徒歩で行きました。

橋を渡っていくのですが、その途中の景色もなかなかの見ごたえです。

 

遠目にスーパーツリーが見えます。

IMG_2306

カメラをズームして撮るとこんな感じです。

IMG_2307

 

スーパーツリーの反対側のマリーナ・ベイ・サンズ側を見ると、マリーナ・ベイ・サンズが大迫力で見れます。

IMG_2310

 

スーパーツリー観賞は無料

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの敷地は広く、敷地内に植物園など色々な施設があります。

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイって入場するのは有料なのかな?」と思っていたのですが、

施設によっては入場料がかかるところもありますが、スーパーツリーを眺められるエリアは無料で、

散歩をしたりのんびりしたりできる広場になっています。

 

スーパーツリーを下から眺めると大迫力です!

IMG_2314IMG_2340 IMG_2343

念願のこの場所に来られて本当にうれしい!!

この場所にずっと居たい!!と思ったのですが、なんせ昼間は暑い!!

灼熱地獄です!(笑)

 

直射日光を浴びつつマリーナ・ベイ・サンズから徒歩で来て体力を消耗していたので、

スーパーツリーの中でも中心にある一番高くて大きいツリーの上にある展望レストランで休憩することにしました。

 

スーパーツリーのレストランは時間に注意

こちらがレストランの入り口です。

IMG_2317

レストランは、SuperTree by IndoChine (スーパーツリー バイ インドシン)という名前です。

 

お腹が空いていたのでちょっと軽く食事でも・・・したかったのですが、

朝10~12時はドリンクのみの提供との事でした。

この時時間は11時。ザ・中途半端!!!!

 

でもとりあえず上に上りたかったので、入場料一人10ドル(ワンドリンク付き)を払って上の展望台に上がってみました。

 

展望台からはガーデンズ・バイ・ザ・ベイ全体が360度見わたせてとっても良い景色!!

IMG_2322IMG_2319

・・・なのですが、あまりの暑さのためこの時間にお客さんは居ませんでした。

お店も準備中なのか、机や椅子も畳んである状態でした(笑)

 

お客さんは私たちのみ、貸し切り状態!なのですが、

本当に、昼の日光が刺さるような暑さでこの展望台に居続けるのはきつい!!!

 

・・・ということで、おとなしくクーラーの効いているレストランのフロアへ移動しました(笑)

IMG_2325

11時はまだ食事は提供していないからかお客さんはまばらでした。

 

このレストラン、外に出れるんですがこれがすごいんです。

IMG_2335

一応網目状の柵があるのですが、あまり守られている感のない外にむき出しの通路をぐるりと一周できます。

高さが高いので風はある程度強く、景色を見る分にはいいのですが下を見るとビビりな人は足が震えます(笑)

間違っても高所恐怖症の人は行かない方が良いですが、刺激が欲しい人はとても楽しめます(笑)

 

そして、展望台は夜に行きたかったなと思いました(笑)

 

OCBCスカイウェイに上れなかった・・・

OCBCスカイウェイとは、スーパーツリー間にかかる吊り橋です。

一人5ドルで上に上れます。

 

この写真のツリーとツリーの間にかかっている橋がOCBCスカイウェイです。

IMG_2341

 

私はこのOCBCスカイウェイを歩くのをすごく楽しみにしていたのですが、

ダーリンが突然「さっきツリーの上の展望台上ったじゃん、あれと一緒なんじゃないの?僕は暑くて疲れたしお腹が空いたから早く食事に行きたい」と言い出しOCBCスカイウェイに上るのを拒否。

 

どうしてもOCBCスカイウェイを歩きたかった私は

展望台と吊り橋じゃ全然違うよ!!!きっと見える景色だって全然違うはずだ!!!

と声を大にして主張したのですが、

ダーリンは「そもそも上に上がるのに5ドルとか高い」とこの期に及んで5ドルをケチりだしました(笑)

 

この「吊り橋に上るか上らないか」で暑い中喧嘩をして余計にお腹が空き、

先ほど展望レストラン内でクーラーに当たって少し回復した体力を完全に消耗した私が最終的に折れて、

結局OCBCスカイウェイに上ることは叶いませんでした。

 

残念至極。痛恨の極み。

今後またシンガポールに行くことがあれば上りたいです!

 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイはしっかり見ると1日かかる

私たちは時間がなかったのでスーパーツリー付近にしか行きませんでしたが、

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ内はとても広く全ての施設をまわると一日かかると思うので時間との相談になります。

 

私はスーパーツリー付近だけでもかなり満足で、とても楽しかったです!

夜のスーパーツリーのショーも見ましたが、これもかなり良かったです。

ショーに関してはまた後ほどの記事にて♪

 

IMG_2313

▲ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ内から見たマリーナ・ベイ・サンズ

 

 

↓私が今回の旅行で愛用したガイドブックです↓

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

ブログ内の記事を今すぐ検索♪


  • KEDDY
    台湾の新北市に住んでいます。
    1986年生まれのA型の魚座。台湾が好きで台北に留学経験あり。帰国後台湾人のダーリンと運命の出会い♡をし、まさかのスピード結婚。ダーリンと二人で毎日楽しく暮らしています。詳しいプロフィールはコチラ

  •             
  •    follow us in feedly  
PAGE TOP ↑