*

台湾留学と彼氏との狭間で悩んでいた時の話[人生の転機]

公開日: : 台湾留学・中国語

  

こんにちは、keddyです。

突然ですが、昔mixiって流行りましたよね!?(私は1986年生まれです。笑)

自分を含め周りの友人たちは皆mixiにはまっており、やっていない人はいないくらいの状況でした。

今ではFacebookやツイッター、インスタグラムなどSNSがありふれている時代になりましたが、当時初めて紹介制のmixiを友人から教えてもらった時は

「ネット上で久しく会っていない中学時代や高校時代の近況が知れるの!?何それすごい!!!」

と衝撃を受けたものでした(笑)

私は2005年~2011年頃までmixiのヘビーユーザーで、日記もかなりの頻度で更新していました。

今思えばガラケーからポチポチ長文の日記を更新していたなんて、気の遠くなる作業です。

当時の自分に拍手を送りたいです(笑)

 

そんな私のmixiの思い出話はどうでもいいのですが、あの自分的mixi全盛期から5年くらいたち、

もうかれこれずっと日記を書くどころかログインさえしておらずmixiの存在を完全に忘れ去っていた今日この頃、最近何かの拍子で自分のmixiのページを開いてしまいました。

かなりの年月放置していたにもかかわらず、mixiのマイページには当時の自分がアップした写真や日記がそのまま残っていました。

 

開いてしまってからには気になる過去の産物、「日記を他人に公開する」という黒歴史・・・・・

あああ過去の私はそんな公開日記に何を書いていたんだ!

私の事だから絶対変な事書いてるぞ!見るのが怖い、見たくない、でも見たい・・・・

そして、私は誘惑に負けてついに開いてしまったのです。パンドラの箱を。

見てしまったのです。

自分の過去の日記を・・・・!!!!

0003

今読み返すと稚拙な文章でかなり恥ずかしいのですが、若気の至りというか文章に勢いがあり、そして内容にも勢いがありました(笑)

日記は大学生の時とかから始めてましたからね、恥ずかしすぎますね。

台湾・猫・ピンクのもの・capsule・・・と好きなものは今とあまり変わりませんでした。

なんだかすっかり忘れていた過去の事をみるみる思い出しました(笑)

中でも台湾留学に行くか行かないかで悩んでいたあたりの日記などは、今見てみるとなかなか面白かったのです。

 

ということで今回は、私がダーリンと出会って結婚するずっとずっと前のお話、

「台湾留学に行こう!」と決めるまでと決めたあたりのときの、「彼氏か留学か」で悩んでいたときのお話を書こうと思います。

スポンサードリンク

台湾留学前の悩み

台湾留学前、留学を決めるにあたって私は悩んでいました。

  • 安定した仕事、本当に辞めてしまっていいのか
  • 環境ががらりと変わるけど大丈夫なのか

などなど、社会人留学する人にあるあるな悩みを抱いていたわけです。

 

でもその時実は一番悩んでいたのは恋愛の事、

大好きな彼氏と今後どうするのか

ということです。

女子ならではの悩みですよねー。

留学をすれば彼氏とは遠距離になります。

「今後どうするか」と言っても、私は留学するからには全身全霊で挑みたかったので、

寂しくて悩んだりとか色々めんどくさくなりそうな「彼氏と遠距離恋愛をする」という選択肢はありませんでした(笑)

なので、「大好きな彼氏と別れて留学するか、彼氏とそのままで留学は諦めるか」の2択でした。

 

当時の彼氏は日本で働いている日本人でした。

私も当時は企業でOLをしており、多忙な毎日を送りつつ、台湾留学の事を真剣に考えている時期でした。

しかし彼氏とは上手くいっていなかったため、とてもつらい時期でもありました。

なぜうまくいっていなかったのかというと、彼もまたかなり仕事が多忙な人だったからです。

 

彼は多忙のあまり私への連絡を徐々にしなくなり、電話もしても出てくれなかったりメールも返してもらえなかったりという日々が続いていました。

この時「仕事を辞めて台湾留学する」という、自分史上最大重大事項を真剣に悩んでいた私ですから、本当はそんな悩みも彼に聞いてほしかったのですが、

彼には悩みを聞いてもらえるどころか連絡もほとんど返ってこない状態でした。

そのうち「これは付き合っているといえるのか?」と思えるような疑わしい状況になっていましたが、

私は彼のことが大好きだったので、できれば将来彼と結婚したいと思っていました。

彼氏か留学か

しかし彼氏のことがいくら好きとはいえ、彼氏からの日常の連絡は殆どなし、

「これ、まさか付き合ってるって私が思いこんでるだけなのでは!?」というレベルに達していました(笑)

このときもし彼氏に、

「台湾に行くなんて寂しいから行かないでくれ!!俺の傍にいてくれ!!!」

とか言われでもしたら台湾留学は辞めようかな、とも思っていました。

それくらい好きでした。

しかし結局そんなセリフを言われることもなく数か月が経過し、「このままではいけない」と思った私は、

結局彼氏と別れて仕事を辞めて台湾留学に行くことを選んだのです。

別れの時に一悶着

彼氏に台湾留学をする事を告げ別れ話をした時、一悶着あったんですよね。

当時の自分のmixiの日記がツッコミどころ満載だったので、晒してみたいと思います(笑)

悩みに悩んで彼氏に別れを告げた時の話です。

彼は今になり私の存在が大切だと思ったらしく、

「台湾に行っても待ってるから、別れたくない。やり直したい。俺も成長するよう努力するし、帰ってきたら一緒に暮らそう」

と、昔言ってほしかった言葉を今更全て言われました。

彼氏からまさかの別れたくない発言!!!

あんだけ放置しといてよく言うよって話ですわ。

それ、もっと早く言ってくれよおおお!!!

でももっと早く言われていたら、台湾には行かず彼と結婚して今とは違う未来だったのかもしれません。

 

別れようと決意していた彼氏にそんな事を言われた私は・・・・

私は動揺しました。嬉しいし、私も彼と一からやり直したいと思いました。

そりゃー動揺するわ。あれだけ好きだったんだもの。

でもね、女は一度決めたら揺るがないんですよ。

でも私のなかでは時既に遅しでした。

私が留学や退職を迷っている時、彼は話を聞いてくれるどころか、彼の方から距離をおかれました。それでも好きでした。

私は途中から彼を諦める努力をし、台湾に行くと決めた時、別れを決めました。

まさに時既に遅しよ!!

長期間放置されていた私は既に激おこなのよ!

てかもう台湾留学行くって決めちゃったしねー。

彼氏の一言で気持ちが揺らいで、自分が本気でしたい留学を諦めるような私ではないのよねー。

でも当時の私は辛かったみたいです。

私は「もし台湾に行かなかったら、やり直したかった。もっと一緒に居たかった」と悲しい気持ちでいっぱいでした。

でも留学の事は数ヶ月前にもう決めた事なので、好きだけど、未練もものすごくあるけど、断りました。

「好きなら別れなければいい」と言われたけど、そんな単純な事ばかりじゃないと思いました。

当時の彼氏のことがかなり好きだったみたいです。

でも私は留学を選んだんですよね。

大好きな彼は、私が留学を終えて日本に帰ってくる頃には彼女ができていて、結婚しているかもしれません。

ちなみに彼とはその後全く連絡していないのでわかりませんが、私のほうが先に結婚した気がします(笑)

私は今自分の成長の為に彼と戻る気は無いのだけれど、彼ともっと一緒に居たかったとかそういう感情が勝手に溢れてきてただただ悲しいです。

まあこの時はとっても悲しかったんでしょうね。

でもね、なんか他の当時の日記とか思ったんですけど、この彼、

キャバクラに行って私を失望させていたり、飲み会で他の女子に絡んで私を失望させていたりとか、色々やらかしてたんですよね。

私は自分の彼がキャバクラに行くとか飲み会で女子と戯れるとか絶対嫌なタイプですから、結局冷静になって考えてみると合わなかったんですよねー。

まさに恋は盲目。イヤーね。

彼氏よりもやりたいことを優先して良かったって話

・・・というようなことが、mixiの当時の日記には書いてありました(笑)

いやー、自分の過去の日記は取っておくと面白いですね(笑)

当時の私は留学と彼氏との狭間でもうかなり、「この世の終わり」くらい悩み苦しんでいたようです。

でもねでもね、留学が終わって結婚して色々経験して、今思い返してみるとあの頃の悩みは何だったんだって思いますよね。

「結婚してからの悩みのほうがある意味かなーりシリアスだよーん!」と過去の私に教えてあげたいですわ(笑)

 

当時は悲しくて悲しくて胃がキリキリしてたと思うんですが、今となっては「そんなこともあったなー」っていう程度です。

よくよく考えてみたら、あの頃はお互い好きだったけれども性格的にはあまり合いませんでした。

私の「台湾が好き」って気持ちと「中国語勉強したい」って気持ちは何年も揺るぎないものだったので、やっぱりあの時留学を決意して良かったなって思います。

当時24歳くらいでしたかね?比較的若いうちに飛び出して自分のやりたいことをやって、本当に良かったです。

留学で学んだこと・経験した事は自分にとってかなり貴重なものとなり、

留学が直接のきっかけではないですが台湾が好きという事を貫いていた(?)お陰で運良くダーリンとも出会えて今では幸せな生活を送れているわけですし。

という事で、今彼氏か留学かで迷っていてしかもその彼氏は実は微妙なんだよなっていう若い皆さんは、さっさと留学しちゃえばいいと思いま――すヽ(^o^)丿

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

ブログ内の記事を今すぐ検索♪


  • KEDDY
    台湾の新北市に住んでいます。
    1986年生まれのA型の魚座。台湾が好きで台北に留学経験あり。帰国後台湾人のダーリンと運命の出会い♡をし、まさかのスピード結婚。ダーリンと二人で毎日楽しく暮らしています。詳しいプロフィールはコチラ

  •             
  •    follow us in feedly  
PAGE TOP ↑