*

結婚後初めて台湾で旧正月を過ごす~正月編~

公開日: : 最終更新日:2015/06/30 台湾生活, 国際恋愛・結婚

  

こんにちは、keddyです。

台湾人ダーリンに嫁いで私にとってはじめてだらけの旧正月、大晦日編に引き続き我が家の旧正月のお話です。

スポンサードリンク

旧正月1日目(初一)

麻雀も宴会もしない我が家

1315116681-3319791990

台湾では旧正月に一つの家に親戚が沢山集まって一緒に過ごす家が多いですが、自由な家風の我が家は大晦日に皆でレストランでご飯を食べてから解散し、正月は各々の家庭でまったりと過ごします。

私は以前「実家が南のほうの人などは、親戚総勢20人以上の大人数でずっと宴会のように飲んで食べて麻雀してカラオケして騒がしく過ごす」と聞いたことがあり、

そしてその「旦那の親戚とずっと一緒に居て常に騒がしい」という環境に慣れることができないお嫁さんは国籍問わず苦痛なので旧正月を嫌うと聞いていて若干ビビっていたのですが(笑)

台北人の我が家は台湾にしては珍しく核家族で静かに過ごすという自由な風潮だったので拍子抜けしました(笑)

我が家はパパ、ママ、ダーリン、お姉ちゃん+私という構成でダーリンは仕事で不在、お姉ちゃんは彼氏と遊びに行き不在(←台湾で旧正月に家族と過ごさず恋人と出掛けることが出来るというのはかなり自由な家庭らしいです。笑)なので家族で麻雀や宴会をすることもなく、

正月の朝はのんびりしてテレビを見たり、朝ご飯を食べたのにもかかわらずお菓子をひたすら食べたりと、基本的に食べるかぼーっとしているかでした(笑)

台湾では大晦日の夜から外で爆竹が鳴り始めるので、慣れない私は夜中も爆竹の大きな音で目覚めたりし眠かったので相当ぼーっとしていました(笑)

ちなみにこの日はダーリンが仕事の為、私は初めてダーリン抜きで一人で1日ダーリン家族と過ごすことになります。

家族で西門にお茶しに行く

FB_IMG_1424669203946 FB_IMG_1424669209566

▲西門の老舗喫茶店·「蜂大咖啡」

私はかなりダラダラしてから、昼ごはんにママ特製のクラゲ料理を食べて(美味しい)、ママの提案で隣のマンションに住んでいるおじいちゃんとおばあちゃん(ママの両親)も一緒に家族で西門の昔ながらの喫茶店に行きました。

初一は小さいお店はほとんど閉まっていますが、この喫茶店は開いているとの事で、ママたちは毎年よく行くらしいです。

タクシーで西門まで行きましたが、大晦日と同じく道路はすいていて、ママは「台北はこの時期が人がいなくて一番良いのよ~」と言っていました。

西門に着くと西門はすごく混んでいて、西門のお寺には大勢の人が参拝に来ていてメディアも来ていました。

台湾の旧正月1日目はデパートは営業しており、デパート以外の小さいお店は閉まっているのでデパートに人が殺到していました。

私達が行った喫茶店もすごく混んでいて、台湾の人は皆お正月は活動的なんだなぁと思いました。

新しい服、赤い服を着る

1892048025_578760331.310x310

▲犬も赤い服を着る

台湾では新年前に準備しておいた新しい服を新年に着る習慣があり、この日は私も新しい服を着て出かけました。

街には赤い服やバッグ、マフラーなど赤いものを身に着けている人が多く、新年に合わせてネイルも赤にしたり、下着も赤色を身につけたりと、新年におめでたいとされる赤色のものを身に着ける習慣があるようです。

正月限定スクラッチくじを買う

FB_IMG_1424669082075_mh1424671020923

▲私たちが買った1000元の刮刮樂

台湾人は新年に宝くじやスクラッチくじを買うのが好きで、この時期宝くじやさんには人が群がります。

台湾には「刮刮樂」というスクラッチくじがあるのですが、それの正月限定バージョンがあり、台湾ですごく人気です。ニュースでは正月早々このスクラッチくじで100万元を二回も当てた人がいると報道されていました。

私たち家族もママの提案で一人500元を出しあって皆で「刮刮樂」を買おうという事になりました。

普通の「刮刮樂」は1枚200元~500元くらいなのですが、正月限定バージョンは2000元と1000元で、高いです。

それにもかかわらず特に2000元のものは特に人気で、私たちが行ったときには売り切れていたので仕方なく1000元のものを2枚買うことにしました。

くじ運のないダーリン一家と同じくくじ運のない私が集まったところで、結果は2000元分買って1000元が当たるという微妙な結果となり、

夜ダーリンに「1000元当たったよ」といったら「それは当たったんじゃなくて1000元負けたっていうんだよ」と笑われました(笑)

ママとデパートに買い物に行く

1424058114-3371719727_n

西門でお茶してスクラッチくじを削った後、皆で一度家に帰り、それからママと二人でデパートに買い物に行きました。

ママは私がいつも200元の靴を履いているのを不憫に思ったのか(笑)、靴を見ようという事になりました。

日本のように季節が変わるごとのセールがあまりない台湾ですが、この旧正月の時期はどこのデパートもセールで最高です!(笑)残念ながら日本のように80%オフくらいまでは下がりませんが、50%オフくらいで買い物ができます♪なのでこの時期デパートに行くとうっかり散財する可能性があります(笑)

NINE WESTの靴も50%だったので、1足購入しました♪ママが買ってあげると言ってくれたのですが、お年玉を貰っていてその上靴まで買ってもらったら申し訳ないので自分のお年玉で買いました。お年玉で買い物なんてなんだか子供に戻った気分でした(笑)

旧正月2日目(初二)

旧正月2日目(初二)は奥さんの実家に帰る日

img-1360854091208

大晦日、正月1日目は旦那の家族と過ごすのが一般的ですが、正月2日目(初二)は「回娘家」といって家族で奥さんのほうの実家に帰る習慣になっています。

なのでこの日は台湾中で皆が一斉に大移動するため高速道路が大渋滞します。

私のように外国人嫁の場合はそんなに気軽に帰ることが出来ないので、台湾に嫁いで永住している外国人の奥さんたちはまわりの台湾人奥さんが皆自分の実家に帰る中自分だけ帰ることが出来ずに引き続き旦那の家族と過ごさないといけないので不満に思い、結果やっぱり旧正月が嫌いだという人が多いそうです。

私の場合は永住ではないのでこのタイミングで故郷に帰れなくても別にいいのですが、もし永住だったら私も自分だけ帰れないのは寂しいなあ・・・と思いました。

市政府に獅子舞を見に行く

5330860110_46ca19a9c5_b

さて、昨日の夜に中壢の家に帰っていた私達夫婦ですが、この日も日本カレンダーで仕事のダーリンにとっては普通の平日なのでダーリンは通常通り仕事に行き、私は友達と台北に遊びに出かけました。

市政府で獅子舞のショーがやっているという事で見に行ったのですが、初めて生で見る獅子舞のショーはなかなかの迫力があり、すごかったです。

FB_IMG_1424669141000

▲たまにお尻をフリフリする愛嬌のある獅子舞

友達の旦那はアメリカ人なのですが、この獅子舞のショーは英語で「ライオン ダンス」と言うらしく、偶然友達の旦那の名前が「ライオン」なので大爆笑の私たちでした(笑)

この日はショーを見た後最近オープンしたH&Mの大行列を横目にデパートをうろうろしましたが、市政府のデパートは中壢とは全然違って日本を思い出すような品揃えで、しかもセール中なので中壢で失っていた物欲がメラメラわいて来てやばかったので早めに退散し、

その後友達と友達の家で飲むという普通の休日のような1日を過ごしました(笑)

旧正月3・4日目(初三・四)

高速道路を使う事が許されない私達

春節國道交通資訊

この日は2日目に奥さんの実家に帰った台湾人たちが自分の家に帰るため、高速道路がものすごい混雑となります。

そこで交通量を少しでも減らそうと政府が出したルールが、「車に3人以下で乗る場合は高速道路を走ってはいけない」というルールです。

その為夫婦二人暮らしの私たちは台北に遊びに出かけたくても高速道路を走ることが許されないので、仕方なく中壢で過ごしました。

中壢で旧正月ラストスパート

479254867_m

台湾では正月の3・4日目も家族や親戚とわいわい過ごす家が多いですが、私たち夫婦は普通の土日のように過ごしました。

はじめてバスで二人で中壢駅前商圏まで行き、二人で一緒に公共交通機関に乗ることが滅多にないのでなんだか新鮮な気分になりました(笑)

新年は皆外に出かけるのか、中壢駅前商圏は大勢の台湾人と東南アジア人で賑わっていました。

ダーリンは中壢駅前商圏に行くのは初めてで、新年だからと言って服を沢山買い、意外とメンズ服のお店が充実している事に気づきました。

私はネイルサロンに行きたかったのですがまだこの日は営業していませんでした。

この日はまだ多くのレストランが開いていないので夜はそごうのレストランに行きましたが1時間半待ちで、待ちきれない私たちは移動して日本料理レストランで夕食を食べました。

そんな感じで、最後はダーリンの実家ではなく中壢で物凄く普通に、私のはじめての台湾旧正月は幕を閉じたのでした(笑)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

ブログ内の記事を今すぐ検索♪


  • KEDDY
    台湾の新北市に住んでいます。
    1986年生まれのA型の魚座。台湾が好きで台北に留学経験あり。帰国後台湾人のダーリンと運命の出会い♡をし、まさかのスピード結婚。ダーリンと二人で毎日楽しく暮らしています。詳しいプロフィールはコチラ

  •             
  •    follow us in feedly  
PAGE TOP ↑