*

湯船につかる習慣がないダーリン、私のお風呂習慣に戸惑う

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 台湾生活, 国際恋愛・結婚

  

こんにちは、お風呂大好きkeddyです。

私にとってお風呂と言ったら=湯船につかる、なんですが、台湾人ダーリンにとっては違うのです。

台湾には湯船につかる習慣がないので、台湾のお家には浴槽があっても使われず物置にされていることが多く、

ダーリンの実家もまさにそれで、誰かが湯船にお湯を張ってつかっているのを見たことがありません。

そんな環境で育ったダーリンは、いつもシャワーだけです。

私が湯船につかるように言っても、「のぼせるし、疲れるし、めんどくさいから嫌」といって入ろうとしません(笑)

そんなダーリンは私のお風呂習慣が不思議でたまらないようです。

スポンサードリンク

なんで疲れているときに湯船につかるの?

a80e98867369e12196600838ec7ca936_s

一日外を歩き回るようなデートをして帰ってきたときなど、私としては湯船につかって「ふはぁ~~~~~~」とリラックスして疲れをとりたいところです。

で、ダーリンに「私、お湯張ってお風呂入るよ~」というとダーリン、

 

「なんでそんなに疲れているのに湯船につかるの?????」

 

台湾人ダーリンの素朴な疑問です。

こういう日本人が絶対に聞かないようなことを聞かれた時なんか国際結婚って感じがしますね(笑)

普段忘れかけてますからね(笑)

 

「ええ?何でって言われても、疲れてる時にお風呂で体を癒すのは基本中の基本じゃん!!!」

 

と言ってもイマイチ納得できていないダーリン、

 

「湯船につかるのって体力がいるでしょう?だからお風呂に入ったらもっと疲れるって事じゃん」

 

ダーリンはどうやら「湯船につかって癒される」という感覚が理解できないようです。

 

私が「と、とにかくお風呂は体にいいんだよ!リラックスして筋肉痛とかも和らぐよ!気持ち的にも・・・」とお風呂の癒し効果を全力で小一時間説明を試みるも、

ダーリンはやっぱりよくわからなかったのか、

 

「まあ、keddyが好きならそれでいいよ♪」

 

とあっさりお風呂の効果についての理解を放棄されたのでした(笑)

なんで風邪の時にはお風呂に入らないの?

a1180_009187

また他の日、こんなことがありました。

私が風邪を引いて体調が悪く熱もあったときのこと、ダーリンは「今だ!!」と思ったのか自信満々で、

 

「keddy!今日は湯船につかるよね???」

 

と私に聞いてきました(笑)

 

「え??今日は熱もあるし体調が悪いからお風呂は控えるよ」

 

そういうとダーリン、

 

「ええーーー??なんでー??お風呂は体にいいんじゃなかったの??体にいいってことは、体調が悪いときこそ入ったほうが良いんじゃないのー???

 

なるほど!そう来たか!!

確かに私お風呂は体にいいって言ったけど、それはなんか違うんだよダーリン・・・

 

「でも、体調が悪いときに入ると体力を奪われすぎるからね・・・まあ今は昔と違って風邪でも入る人もいるみたいだけど、私は熱があるしちょっとしんどいかな。」

 

頭にハテナマークが飛びまくっているダーリン。

 

「そうなんだ、風邪の時はお風呂で体癒されないんだ??

 

うーん、確かにお風呂が体に良くて癒し効果があるなら、ダーリンの「風邪にも効くんじゃないの?」という考えも間違いではないような気がしてきました・・・

でも、風邪で熱があって弱っているときにお風呂なんて入ったら悪化して死んでしまうような気がします。

熱の時にお風呂は、しんどい!!

 

日本人のお風呂の習慣を説明するのって、こんなに難しかったんだ!!!と風邪でまわらない頭を悩ませる私(笑)

 

うーんうーん言っているとダーリン、

「まあ、keddyが風邪の時はお風呂入らないっていうんならそれでいいよ♪」

 

また若干放棄気味!!!(笑)

 

こうして我が家はお互いの国の文化を一つづつ理解して覚えていくのでした(笑)

ちなみに半身浴や私が2時間くらいお風呂に入るのも意味が分からないそうです( ̄∇ ̄)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

ブログ内の記事を今すぐ検索♪


  • KEDDY
    台湾の新北市に住んでいます。
    1986年生まれのA型の魚座。台湾が好きで台北に留学経験あり。帰国後台湾人のダーリンと運命の出会い♡をし、まさかのスピード結婚。ダーリンと二人で毎日楽しく暮らしています。詳しいプロフィールはコチラ

  •             
  •    follow us in feedly  
PAGE TOP ↑