*

台湾人と結婚して台湾で働いている日本人奥さんはいるか、どんな職業の人が多いか?中国語が話せなくても働けるか?

  

こんにちは、台湾人男性と結婚したkeddyです。

現在台湾人男性とお付き合いしている方で今後台湾に住む予定の方からの、

「結婚後も台湾で働きたいと思っているのですが、台湾人と結婚して働いている奥さんは居ますか?どんな職業の人が多いのでしょうか?中国語ができなくても働けるでしょうか?」

という旨の質問が多かったので、今回はこちらに答えていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

台湾は共働き社会だけれど・・・

まず、台湾は共働き社会です。

台湾人と台湾人の結婚の場合、結婚しても奥さんは殆どの人が正社員で働き続けます。

なので台湾人男性の中には「妻は仕事をしているのが当然だ」と考える人もいて、そういう人と結婚する場合には自分が専業主婦希望であっても専業主婦になるのは難しいと思います。

 

ただ国際結婚で日本人の奥さんを嫁にもらうという人の場合には必ずしもそういう考えの男性ばかりでなく色々な考えの人がいて、

「妻は中国語がままならなくて心配だから働くのはやめてほしい」と思う男性や、「働いても働かなくてもどっちでもいい、自分が好きな方にすればいい」と意思を尊重してくれるタイプの人、

我が家のダーリンのように超亭主関白で、「外で働くと不倫につながるから(彼の妄想)妻は出来れば家に居てほしい」と思う人など様々です(笑)

 

なので結婚後台湾で働くかどうかは、未来の旦那様になる人がどういう考えなのかを考慮しつつ旦那様と相談しつつということになると思いますが、

今回は質問にあったとおり「台湾で結婚後働く場合」についてお話します。

 

台湾人と結婚しても働けるのか

まずそもそも台湾人と結婚して台湾で暮らした場合、制度的に働けるかというお話です。

台湾人と結婚すると居留証(婚姻ビザ)が申請できます。

台湾人と結婚した奥さんの居留証は就業が可能なものですので、居留証を取得後は台湾で働くことが出来ます。

 

台湾人と結婚して働いている日本人奥さんはいるのか

台湾人と結婚して働いている日本人奥さんは、沢山います。

自分が仕事が好きで働いている人もいれば、経済的には問題ないが台湾人夫が「働いてほしい」というから働いている、自分のお金が欲しいから働いている、そもそもサイフが別など働いている理由は様々です。

台湾はバイトももちろんありますが正社員が多く、女性で結婚していても日本よりも比較的簡単に正社員になれるので正社員で働く人も多いです。

子供が出来るまでは働き子供が出来てから家庭に入る人もいますし、台湾人と同じように子供が出来ても子供は誰か見てもらえる人(義理両親・ベビーシッターなど)に預けて働き続けるという人もいます。

 

どんな職業の人が多いのか

日本人の奥さんの職業ですが、人によって様々です。

日本語教師、旅行会社、コールセンター、カフェ、レストラン、ラーメン屋、焼肉屋、会社の事務など色々なところで働いている人がいます。

旦那さんのお家が会社やレストランを経営しているところはお家の仕事を手伝ったり、

自分の家で特技を生かしてお教室を開いたり、パソコンが得意な人は家でパソコン関係の仕事をしたり、中には夜市で屋台の販売を手伝っていたという人もいます。

なので本当に人それぞれですが、多いのは日本語教師や旅行会社関係が多い気がします。

 

中国語ができなくても働けるか?

流石に中国語が全く一ミリもわからない状態で働くの言うのは厳しいと思いますが、それでも知り合いのお店のお手伝いなどから初めて独学で中国語を覚えていったという人もいます。

また日本語教師の場合は、授業中は全て日本語で中国語を話してはいけないというところも中にはあるので、そういうところであれば中国語を話す機会は少ないと思います。

昔日本語を塾で習っていたダーリン曰く、先生の中には中国語が全くできない人もいたそうです。

なので中国語ができなくても全く何の仕事にもつけないかと言われると気合次第でそんなこともないですが、できれば中国語は少しは出来たほうが良いです。

 

会社によっては「お客さんが全て日本人だから日本人を取りたい」という会社もあってそういうところは業務は全て日本語ですが、人事や上司が台湾人だったりするので中国語でコミュニケーションが必要になる場合があります。

あとはオーナーが日本人の飲食店で、お客さんも日本人がよく来るというレストランなどは働きやすいと思います。

 

新卒でも大丈夫?

台湾人と結婚した奥さんの場合は働けるビザ(居留証)があるためビザの事を気にしなくても良いので、新卒で過去に日本での就業経験がなくても働き口はあると思います。

新卒で厳しいのは就労ビザを取って働きたいという場合で、少し前までは日本での就業経験が2年以上はないと台湾での就労ビザが下りる仕事に就くことはできませんでした(100%ではないかもしれませんが厳しい)。

最近緩和されましたが、現在でも就業経験があったとしても就労ビザが下りる仕事を探すのは何か特別なスキルがないと簡単ではありません。

これは、就労ビザの出る条件のお給料が月約5万元~という事で多くの台湾人のお給料よりも高めになってしまうため、会社が「同じ日本語と中国語が出来る人なら安い台湾人を雇いたい」という理由もあります。

 

しかし、台湾人と結婚した奥さんの場合は既に働ける居留証があり労働ビザは必要ない為、過去に就労経験がなくても職を選ばなければ全く何も仕事に就けないという事はないと思います。

もし専門的な職業につきたいという場合には、過去の就業経験が必要になってくるとは思います。

 

お給料について

台湾の会社員(正社員)の、20代~30代前半くらいの人のお給料は大体2~3万元です。

なので今現在日本でバリバリ働いて稼いでいるという人は心の準備をしておいてください(笑)

 

まとめ

台湾人と結婚した奥さんで働いている人は、「語学学校に通って中国語を勉強する→会社に勤める→子供が出来たら子育てのため家庭に入る」という流れが多い気がします。

もちろんずっと専業主婦の人もいますし、子供を産んでからも働き続ける人等様々ですが、こればかりは旦那様との相談になってきますので、

気になる人は未来の旦那様になる人に自分が将来好きな仕事をしてもいいか、家庭に入るのが良いのか等事前に聞いてみるといいと思います♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

ブログ内の記事を今すぐ検索♪


  • KEDDY
    台湾の新北市に住んでいます。
    1986年生まれのA型の魚座。台湾が好きで台北に留学経験あり。帰国後台湾人のダーリンと運命の出会い♡をし、まさかのスピード結婚。ダーリンと二人で毎日楽しく暮らしています。詳しいプロフィールはコチラ

  •             
  •    follow us in feedly  
PAGE TOP ↑