*

【台湾台中】昔の台湾を再現した博物館的レストラン「台湾香蕉新楽園」が楽しすぎた!

  

こんにちは、keddyです。

台中に旅行に行った際に、昼食を食べるレストランを決めていなかった私とダーリン。

2人とも台中のことはよくわからないので、急遽探すことにしました。

 

ダーリンの要望は、「お腹が空いたからガッツリ食べたい!ある程度人気なところで(台湾で人気=美味しい)」

私は、「せっかく台中に来たんだから台中にしかないような特別っぽいところがいい」

 

こんなわがままな2人ですが、こんな2人の要望を叶えてくれるレストランがあったんです!♡

台中にしかなくて地元客や観光客にも人気なレストラン、

名前は台湾香蕉新楽園(台湾バナナニューパラダイス)

 

なんだかパイナップルパークのバナナバージョン的なのを想像しがちですが、バナナの木とかはありません。

バナナ料理屋でもありません(笑)

1960~70年代の台湾を再現したレトロな博物館的レストランなんです。

レトロな台湾大好きな私、これは行くしかない!!!!♡

 

という事で行ってきました台湾香蕉新楽園レストラン♪

昔の台湾の再現率が半端ないので、レトロ好きは必見です!!

 

レストランは青い電車が目印です。

電車が目立っているのでわかりやすいですね!

DSC_3066 DSC_3067

青い電車の隣が入口です。

DSC_3068

外観は意外と普通でしたが、ここへ来て急にレトロっぽい感じがしてきます!

さてさてどんな感じなのでしょうか!?

スポンサードリンク

レストランの中は、懐かしの台湾!

早速中に入ってみましょう!

DSC_3072

入口付近に記念撮影が出来るコーナーがありました。

DSC_3149 DSC_3152

台中の観光名所が描かれているところではい、チーズ☆

 

さて、ここからが本番です。

入口を入ったところには既に沢山のレトロなものが展示されています。

DSC_3157 DSC_3140DSC_3145 DSC_3146DSC_3148 DSC_3147DSC_3153

懐かしの駄菓子の販売も♪

 

これはテンション上がりますね~!!

一見とても博物館ぽいのでそのままどんどん中に入ってしまいがちですが、

ここはレストランなので入り口付近で店員さんに案内してもらうのを待ちましょう。

DSC_3075

店員さんに中に通されると、そこは昔の台湾にタイムスリップしたような世界が広がっていました!

わー素敵♡♡

DSC_3144 DSC_3105 DSC_3137DSC_3103 DSC_3156

なんだか、全体的にとっても昭和です。

この時代はもう日本の統治時代は終わっていますが、日本文化の影響が色濃く残っていますね。

DSC_3104

このレストラン、結構沢山の席があり、お部屋もわかれています。

DSC_3128 DSC_3127DSC_3106

ここのメイン通り?のところにはもちろん席がありますし、

DSC_3133 DSC_3132

ここも、

DSC_3076

この奥も実はお部屋になっています。

どこに通されるかはお楽しみですね♪

 

私たちの通されたお部屋は・・・

DSC_3101 DSC_3102

こんな感じのところでした。

DSC_3098 DSC_3100

壁には沢山の広告ポスターが貼られていましたが、どれもとっても昭和な雰囲気です。

よく見るとバイクや電化製品は日本のメーカーの広告ばかり。

この頃から日本製のものってよく使われていたんですね~。

 

その後席でお料理を注文してトイレに立った時に、

DSC_3108

昔の商店を見つけました♪

DSC_3131 DSC_3107

その他にも昔の三輪車やポスター、

DSC_3111 DSC_3143

文房具にポストなどなど、もうレストランというより完全に素晴らしい博物館です!

DSC_3112

この子はこのレストランのキャラクターです。( ̄ー ̄)bグッ!

DSC_3113

トイレの前はこんな感じでした。

DSC_3114 DSC_3134 

レストランの2階へ

このレストラン、2階があります!

2階へ上がってみましょう♪

DSC_3110

2階は昔の映画館の雰囲気があります。

DSC_3116 DSC_3117

様々な映画のポスターが飾ってあります。

平日の昼間だからか2階はあまり人気がありませんでした。

2階にも一応レストランの席があるようでしたが、

DSC_3125

電気はついておらず、真っ暗・・・(^-^;

混雑する時期には2階の席も開放するのかな??という感じでした。

更に奥に進んでみると・・・

DSC_3118 DSC_3119DSC_3124 DSC_3123

沢山の昔のおもちゃたちが展示されていました。

なんだか少し寂しい2階でしたが、繁忙期はきっと二階も人でいっぱいになることでしょう。

メニュー

このレストランのメニューをご紹介します。

メニューは小学校の教科書風になっています。

DSC_3077 DSC_3078DSC_3079

メニューに日本語併記はありません。こちらはガッツリ系のメニュー。

台湾料理が主となっています。

DSC_3080 DSC_3081 DSC_3082

鍋料理や点心系も充実しています。

ちょっとお茶しに来ても大丈夫そうですね。

DSC_3084

飲み物メニューも種類が豊富です。

DSC_3085 DSC_3083 DSC_3086DSC_3087 DSC_3088

料理

私たちはお昼時に行ったので、ガッツリ系台湾料理を頼みました。

DSC_3091DSC_3093DSC_3097DSC_3096DSC_3094

この量をダーリンと二人で平らげた私たち・・・

台湾料理って2人分の丁度いい量が頼みづらいので、台湾にいると本当に沢山食べてしまいがちです(笑)

博物館メインっぽいこのレストラン、お味は正直あまり期待していなかったのですが、

これがちゃんとした台湾料理でとっても美味しかったです!

青い電車に乗ってみよう!

お腹がいっぱいになったところで、レストランの外にあるレトロな青い電車に乗ってみることにしました。

DSC_3159

中に入ると・・・

DSC_3165

とっても青い車内です。

DSC_3167 DSC_3168 DSC_3169 DSC_3170

ポップなイラストが描かれた車内にはこれと言って何かが展示してあるわけでもなく、何もありませんでした。

ネットで見た古い情報では中にはレトロな物が展示してあると書かれていたのですが、何もなかったところを見ると展示は止めてしまったのでしょうか。

そういえば古い情報のものよりも、ポップな感じの車体になっていたので改装されたのだと思います。

台中でレストランに迷ったら是非

美味しいごはん+観光もできちゃう見どころ満載のこの台湾香蕉新楽園、お腹も満たされるし展示も見ていてとても楽しいです。

もし台中でレストランに迷ったら、是非行ってみてください♪

<台中香蕉新楽園>

住所:台中市北區雙十路2段111之1號
電話:(04)2234-5402
営業時間:11:00~深夜0:00

台中市北區雙十路2段111之1號

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

ブログ内の記事を今すぐ検索♪


  • KEDDY
    台湾の新北市に住んでいます。
    1986年生まれのA型の魚座。台湾が好きで台北に留学経験あり。帰国後台湾人のダーリンと運命の出会い♡をし、まさかのスピード結婚。ダーリンと二人で毎日楽しく暮らしています。詳しいプロフィールはコチラ

  •             
  •    follow us in feedly  
PAGE TOP ↑