*

台湾で結婚式準備

公開日: : 最終更新日:2015/12/10 国際恋愛・結婚

  

こんにちは、keddyです。

台湾人ダーリンと入籍して3ヶ月が経ちますが、この度やっと台湾での結婚式(披露宴)の準備を開始することとなりました。

といっても台湾式結婚式を全く知らない私は完全にノータッチで、仕事で忙しいダーリンに代わってダーリンの家族(両親+姉)がほとんど決めてくれる感じで進んでいきそうです(笑)

 

スポンサードリンク

結婚式準備って何するの?

やる気満々のダーリン一家

やる気満々

日曜日にダーリンの実家に集まり、ご飯を食べながらまったりと結婚式準備の話し合いが行われました。

話し合いといっても私はひたすら家族の意見を聞いているだけでしたが(笑)

 

当事者の花嫁がぽけーっとしている中、

「予算はいくらくらいで何人くらい呼んで、どこどこの料理がおいしくておすすめよ!」とか、

「どこどこのホテルが雰囲気が良かった!」とか、

「この間結婚した誰々にちょっと聞いてみよう!」とか話し合いはすごい盛り上がりをみせていました。

なんだか心なしか楽しそうなダーリン家族(笑)

 

特にお姉ちゃんはすごく詳しく、何でも「結婚というか結婚式がしたい!」派で結婚式について研究に研究を重ねてきたそうで素晴らしく頼もしい存在です。

ここで私の結婚式願望が強すぎると自分の意見を言い出し家族と意見が食い違って衝突、なんてこともあったかもしれませんが私は意見は全くないので、

クオリティを求めるダーリン家族に任せておけば変なことになることはないだろうと逆に物凄い安心感でいっぱいでした。

全然やる気がない花嫁(笑)

やる気なし

私は昔から結婚式の願望というのがあったことが無く、友達の結婚式に出るたび

「これ準備するの大変だったんだろうな・・・」とか「自分の結婚式の時もこんなに大変そうなことしなきゃいけないのか・・・」とか考えてしまうタイプでした。

結婚式については友達と、「そもそも自分が結婚する本来ならば祝われるべき立場なのに、半年も一年もかけて苦労して身を削って結婚式の準備をする意味が全く分からぬ!」と熱く議論を交わしたこともあるくらいでした(笑)

そんな私は「結婚するなら何でもやってくれる人が良い」「やってくれないなら結婚式はめんどくさいからやりたくない」と思っていたので、

結婚式準備を当事者の私たち以上にやる気満々のダーリン一家に嫁いで良かったと心の底から思った瞬間でした(笑)

披露宴はホテルでが基本

南のほうの結婚式はまた違うと思いますが、台北人の基本は「披露宴はホテルで」です。

そもそも式があるかはわかりませんが、今回の話し合いでのダーリン家族の話の内容的に披露宴の事を決めている様子でした。

占いで日取りを決める???

台湾で結婚式準備

何故か両親の生年月日を西暦から聞かれました。

恐らく私たち日本人が大安を好み仏滅を嫌うように、それにより何か良い日取りがあるようです。

 

私たち夫婦は元々「来年の秋くらいかなあ~」とのんびり考えていましたが、ダーリンの仕事がどうやら来年の夏前には終わり日本に帰る可能性もあるそうなので、急遽4月中にやることになりました。

希望の日にち、希望のホテルが空いていたらダーリン家族が予約してくれるそうです。

 

4月ということは遅くとも3月には結婚写真を撮らないといけないのでなかなかハードスケジュールです。

2,3月は慌ただしくなるんだろうな・・・と何もしていないくせにすでに若干憂鬱になる私(笑)

「てか4月ってあと3ヶ月しかないじゃない!?今お肌が大変なことになってるけどブライダルエステ的なことはやる時間あるのかしら!??」とそこを一番気にする私でした(笑)

招待人数を決める

a1180_004480

日本と違い台湾では見栄のため、もしくはご祝儀で稼ぐため?などの理由で台湾人は大人数を招待することが多いです。

その数500人前後、もっと多くなることも!!

ただダーリン一家は台湾人ぽくなく、見栄なんて特に気にしないから最低限の自分の本当に大事な数人の友達だけを呼んであとは親戚で、という方針だそうです。

ということでまずは招待人数を決めようということになり、私も「自分の友達を誘う」という重大な任務を与えられました(笑)

早速私の台北に住んでいる仲良しの友達数人に「披露宴するんだけど…来てくれるかな…?」と若干気弱に送ったところ、「もちろん行くよ~!」とのお返事が!良かった・・・!

人数をカウントして、ダーリンに報告して私の任務は完了です。

伴娘(バンニャン)を決める

台湾で結婚式準備

台湾では披露宴時に花嫁のお手伝い役として伴娘(バンニャン)という子をつけます。

これには未婚の花嫁の親しい友人がなるそうなんですが、なんせこの役、準備から当日まで花嫁レベルで忙しいものすごい大変な役割なんだそうです。

日本でいう、ブライズメイドの事ですね。

 

実はかねてから私の台湾人の友人で「keddyが結婚するときは伴娘をやりたい!」と言ってくれている子がいましたが、その子は高雄の子。

準備のために何度も台北に足を運ばせるのは大変だし、泊まるのも交通費もお金がかかってしまって申しわけないのです・・・。

それにその子は若く、伴娘の経験がないため私のように台湾の披露宴のことを何もわかっていない外国人につけるには、もっと経験豊富な動ける子のほうがいいとのこと。

そういうダーリン家族の勧めでその子には申しわけないけれどもお断りし、伴娘はダーリンのお姉ちゃんの友達で伴娘経験のある子がやってくれることになりました。

適切な伴娘まで決めてくれるなんてなんて有難いです!

今後の展開を待つ!

こうして頼もしいダーリン家族により始まった結婚式準備(というか恐らく披露宴準備)ですが、今後はきっと当事者の私にもなにか(めんどくさい)役割がまわってくることでしょう。

はてさてどうなる事やら・・・そっと今後の展開を待ちます(笑)

また何か進展しましたら報告いたします!

 

★追記★その後の話。蓋を開けてみたら全然順調じゃなかった、てんやわんやの結婚式話です。

ダーリン家族、この時言ってたことと全然違うYO!!!!!

2015年1月頃  まさかの結婚式中止・キャンセルに(台湾での結婚披露宴が中止になったという残念なお知らせ。

2015年5月頃 やっぱり結婚式やるべきよね・・・?いや、今後どうしよう(結婚式(披露宴)を台湾でやるか日本でやるかという問題

2015年8月頃 やるか結婚式!11月くらいに。

2015年10月 結婚式1か月前、修羅場に・・・(結婚式の準備をやめたいと思った話

2015年11月 なかなか進まない準備。(台湾の披露宴の成功の鍵を握るのがお花屋さんだったという話)疲れ果てマリッジブルーに・・・(マリッジブルー真っ最中の人の心境と原因・対策・解消法

**色々な修羅場を乗り越え、ついに結婚式!******************

台湾結婚式前日の話

台湾で結婚式を挙げました!台湾結婚式当日の全記録と裏話

**結婚式準備でしたことまとめ************************

台湾の結婚式(披露宴)準備でしたこと詳細まとめ

capsule中田ヤスタカ好きが結婚式で流したBGM45曲【キラキラ・エレクトロ・ハウス・ディズニー】

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

ブログ内の記事を今すぐ検索♪


  • KEDDY
    台湾の新北市に住んでいます。
    1986年生まれのA型の魚座。台湾が好きで台北に留学経験あり。帰国後台湾人のダーリンと運命の出会い♡をし、まさかのスピード結婚。ダーリンと二人で毎日楽しく暮らしています。詳しいプロフィールはコチラ

  •             
  •    follow us in feedly  
PAGE TOP ↑