*

台湾人夫とのバレンタインin日本

  

ハッピーバレンタイン!!!

今年は日本に住んでいるため、バレンタインのバレンタイン感がもの凄いと感じているkeddyです。

デパートのバレンタインチョココーナーの気合の入れ具合を見ると「わぁ!すごい日本だなぁ!」と思いますし、有名ブランドチョコや見た目にもオシャレなチョコが沢山あって感動ものです・・・!(笑)

 

この日のために日本人女子の友人知人は皆チョコを手作りしたり、デパートに行って特別なちょっと良いチョコレートを買って準備は万端、

バレンタインの今日は彼氏や旦那様・家族や友達・会社の人などにチョコを送ります。

日本のバレンタインには友チョコや自分へのご褒美チョコなんかもありますが、やはり男性へ送りますよね。

「ああ、日本のバレンタインは女性が男性にチョコレートを送る日だったなぁ」としみじみと思い出させられると同時に、日本人女子のチョコ作りのクオリティに圧倒されている次第です。

 

台湾はというと、2月14日のバレンタインデーは大体旧正月が終わってすぐ辺りという日付柄、1年のうちで最も盛り上がる旧正月の影に隠れて日本のバレンタインよりはひっそりとしていました。

台湾のバレンタインは特に女性だけが男性に送るという事は無く男性から女性に送ったりもしますし、女性がチョコを手作りするという事は殆どありません。

なので台湾と日本とでは女性のバレンタインへの気合の入れ具合は結構異なります(笑)

 

今年は私とダーリン夫婦は初めての日本でのバレンタインとなりますが、果たしてどんなバレンタインとなったのでしょうか?

 

【関連記事】去年の台湾でのバレンタインの話→影が薄すぎる台湾のバレンタインデー。我が家の今年のバレンタインは・・・

 

スポンサードリンク

行事系は台湾式の我が家

私たちは結婚してから台湾に住んでいたため、我が家でのイベントごとは台湾式にしているものが多いです。

なので日本に住んでいても台湾の習慣をやることもあって、例えば冬至にはダーリンが台湾から持ってきた湯圓を食べたりして台湾式で過ごしました。

 

代わりに日本の行事は結構スルーしており、気づけばこの間の節分も華麗にスルーしておりました。

世間は恵方巻で盛り上がっていたのに、全く恵方巻のテンションにならなかった我が家は恵方巻を食べるどころか豆まきさえもせず、

ダーリンが節分の翌日会社でもらってきた豆を見て「そういえば節分・・・終わってた!」と気づいたくらいです。

きっと我が家には外に出てっていない鬼が沢山住み着いているので、今年一年は鬼と仲良く同居しようと思います・・・。

 

そんな我が家なので、バレンタインも台湾式で過ごす予定にしておりました。

私とダーリンのバレンタインは、「二人でどこか食事に行き、私がチョコやプレゼントをもらえる日」という全私にとって最高オブ最高な日なのです。

 

(※結婚1年目のバレンタインの際、私が日本式バレンタインをしようとダーリンに手作りチョコを作ろうとした結果ダーリンに全力で拒否られるという事案が発生し、結果上記のようなバレンタインの過ごし方になりました。

詳しくは→私たち夫婦が台湾式バレンタインデーを過ごすことに決めた話参照)

 

今年は日本のバレンタインの雰囲気もあってデパートのチョコレート売り場を見たときに「ダーリン、チョコ欲しいかな?」と少し頭を過ったのですが、

毎年台湾式で過ごしているのでまあ今年もそうなんだろうなと思い、特にチョコを買ったり作ったりはしませんでした。

 

バレンタイン当日

さて、バレンタイン当日です。

私とダーリンの日本での初めての2月14日はというと・・・・・・・・

まさかのダーリン不在でした(!)

 

あの、喧嘩して別居しているとかではないのでご安心ください(笑)

日本に移住してからというものダーリンの仕事は常に激務なのですが、2月は特に忙しくて殆ど出張で家に居ません。

というわけでバレンタインといえども普通の平日である今日も、普通に出張中で家に居ませんでした。

 

元々少し前に出張な事はわかっていたので、バレンタインの日に不在なダーリンに「もう!バレンタインくらい家に居てくれてもいいのに!寂しい!バカバカ!」と不満をこぼすどころか、

2月14日は私が今最も推している2次元アイドルグループのメンバーのうちの一人の誕生日でもあるので、生誕祭に忙しくしておりました(笑)

オタクは忙しいので、夫が大事なイベントの日に家に帰ってこなくても喧嘩にならないのです。

むしろダーリンが不在な事によりバレンタイン感は一気になくなり、私の中でバレンタイン<生誕祭くらいの勢いになってはいました(笑)

 

「今年はダーリンからのチョコレートは無かったけれど、生誕祭をやりきってとても充実した2月14日になったなぁ」

と余韻に浸っていたら、突然ダーリンから電話がありました。

普段ならまだ仕事をしている時間だったので何かあったのかと思い若干心配しつつ電話に出ると、ダーリンは開口一番

 

「ねぇ~!今日はバレンタインだよぉ!僕へのチョコレートは~~~!?」

 

 

んん!!!!Σ(・ω・ノ)ノ!

 

あれ?ダーリン昔結婚1年目のとき「チョコなんて貰っても貰わなくてもどちらでも」的なこと言ってませんでした~!?!?(そしてバレンタインは台湾式へ)

日本に移住してから日本の行事への興味皆無だったのに、まさかのここへ来て日本式に寄せてきた~~~~!!!

 

keddy「えっ!?チョコ欲しいの!?」

ダーリン「うん~だって今日男の人は皆チョコレート貰うでしょ?」

 

なんということでしょう!

台湾ではあんなにバレンタインチョコはどうでもいい、むしろいらない的な発言をしていたダーリンが、チョコを欲しいというのです。

恐るべし日本のバレンタイン戦略!!!

 

きっと会社で、男性陣の間でどんなチョコをもらったとかそういう話になったのでしょう。

業務時間内にトイレにこもってまで、どうしても自分宛てのチョコがあるかどうかを確認したかったようです(笑)

残念、我が家では2年前にその制度は廃止されたよ!!

しかし男性陣が皆貰っているから欲しくなったのかなと思うと、なんだか可愛く思えてきました(笑)

 

keddy「まさかダーリンがチョコ欲しいと思わなかったからチョコ無いけど・・・」

ダーリン「え~~無いの~~!?奥さんにチョコもらえないなんて僕かわいそう!(´・ω・`)」

keddy「欲しいなら先に言ってよ~、てかダーリンずっと家に居ないじゃん(笑)どうやって渡すの(笑)」

ダーリン「それはそうなんだけど(笑)」

 

家に一応チョコレートはあるのですが、この前買った2次元アイドルとのコラボチョコレートなのでダーリンは貰っても嬉しくないだろうと思い黙っておきました。

 

ダーリン「てか今日バレンタイン、1人で何してたの?」

keddy「え、私の推しているアイドルの一人の生誕祭・・・・」

ダーリン「・・・・それバレンタイン何か関係ある?」

keddy「いやバレンタインというより誕生日だから」

ダーリン「・・・このオタクが・・・・(ㅍ_ㅍ)」

keddy「ふふふ♪今日もキミの嫁はとても楽しく過ごしているよ」

ダーリン「楽しそうで何よりだよ・・・じゃあ仕事あるからまたね(笑)」

 

電話越しにもダーリンの目が死んでいるのを確認できたところで通話は終了し、我が家の2017年のバレンタインは終了しました(笑)

ダーリンも日本ではバレンタインのチョコが欲しいようなので(かわいい!)、来年もしまだ日本に住んでいたら買ってあげようと思います(笑)

 

【関連記事】去年の台湾での(2月14日の)バレンタインの話→影が薄すぎる台湾のバレンタインデー。我が家の今年のバレンタインは・・・

こうしてみるとやはり台湾では2月よりも8月のバレンタイン(台湾には旧暦七夕にもバレンタインがあります)のほうがバレンタインらしいことをしていたように思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

ブログ内の記事を今すぐ検索♪


  • KEDDY
    台湾の新北市に住んでいます。
    1986年生まれのA型の魚座。台湾が好きで台北に留学経験あり。帰国後台湾人のダーリンと運命の出会い♡をし、まさかのスピード結婚。ダーリンと二人で毎日楽しく暮らしています。詳しいプロフィールはコチラ

  •             
  •    follow us in feedly  
PAGE TOP ↑