*

台湾で浮遊ウエディングフォト(浮遊結婚写真)を撮る!1お店選び編~お店で聞くべき内容と押えておくべきポイント~

公開日: : 最終更新日:2015/10/02 台湾生活

  

こんにちは、結婚もうすぐ1周年を迎えるkeddyです。

結婚生活1周年にして、この度私たちはやーーーっとウエディングフォトを撮ることにしました!

台湾では普通結婚式の前に必ず壮大なウエディングフォトを撮るのですが、私達夫婦は結婚式もしていないので未だに撮らずじまいでいました。

撮らなきゃいけないとは思ってはいたのですが、台湾にはウエディングフォトのお店は沢山あるからどこに行けばいいのかいまいちよくわからないし、

だからといって一生に一度の事だし安い買い物ではないので、適当に行って失敗はしたくない・・・

そんな事を考えていたら私もダーリンもとっても腰が重くなってしまいそのまま延ばし延ばしにしてしまっていました。

しかし最近そんな私の重い腰を上げる出来事がありました。

それは浮遊ウエディングフォトとの出会いです。

たまたま台湾のニュース記事で見かけたこの浮遊ウエディングフォト、新しいものかと思いきや実は2011年には既にあったようなのです。

恐るべし台湾のウエディングフォト!

1398867113_0ecb3430174dc52c2c1340c8be50055d_big10929110_592241757586785_6803773507360069295_o

とっても幻想的~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

 

この美しい写真たちに完全に心を鷲掴みにされたのです(*´Д`)

もうこれ、絶対撮りたい!!!!

むしろ、これ以外撮りたくない(*゚∀゚)=3

 

ということで鼻息荒くダーリンに浮遊ウエディングフォトを見せ、ダーリンは「keddyが良いならいいよ」との事でOKだったので、思い立ったら即行動!!

お店探しを開始し、一気に契約までしてきちゃいました!!♡

色々なお店を比較することで、ウエディングフォトのお店選びで重要なことやお店で確認したほうが良いことなどとっても勉強になり、最終的に納得の行くお店に出会えました。

そんな私たちのウエディングフォトお店選びの一部始終を記録しておこうと思います。

スポンサードリンク

お店選びの前に 台湾のウエディングフォトを知る

日本人の私とウエディングフォトに無頓着なダーリンは、「台湾のウエディングフォトが一体どんなものなのか」を理解するのに少し時間がかかりました。

台湾のウエディングフォトって、「写真を撮って終わり」ではありません。

契約してからは構想決め・場所決め・衣装決めなどの打ち合わせ・写真撮影・写真選び・Photoshop修正・商品受け取り・・・と予想外に沢山の工程があります。

そしてこの全工程が何日で終わるのかもお店によって、そして求める内容によって違います。

私は最初聞いたとき、「えっ!?写真を撮るだけでそんなに色々あるの!?」と思ってしまいました。

 

まずは「台湾のウエディングフォトが一体どんなものなのか」を知るために、とりあえず適当に良さそうだなと思ったお店に最低2・3軒は行ってみて、直接説明を聞いてみることをお勧めします。

無料でお店の提供しているサービス・ウエディングフォトを撮って商品が出来上がるまでの流れ、価格表の説明をしてもらえるので、3軒も聞けば大体、「台湾のウエディングフォトってこんな感じなんだ」というのがわかると思います。

私たちも結婚当初、ウエディングフォトのことを全く知らなかったのでとりあえず2軒行って話を聞き、その後ダーリンのお姉ちゃん(ウエディングフォト研究済み)に話を根掘り葉掘り聞いたりして理解を深めました。

 

なぜこのプロセスが必要かと言うと、例えば一軒目のお店で何もわからないままお店に一目惚れ(?)してしまい、1軒目で決めてしまうのは少し危険です。

一目惚れが激しくて後で何があっても(出来上がった写真の雰囲気が求めていたものと違った・追加料金がかかりすぎて最初に提示された値段と違いすぎる等)後悔しないならいいのですが、色々理解していないと後々後悔することも結構あります。

後悔するのを避けるためにもせめて2・3軒は見たほうが良いと思います。

お店選びSTEP1 自分の譲れないポイントを1つ決め、3軒くらいに絞る

台湾のウエディングフォトがどんな感じかわかったところで、具体的にお店を選んでいきます。

無数にあるお店の中から選ぶので、ここではとりあえず3軒くらいに絞れるといいと思います。

ウエディングフォトのお店は正直どこも綺麗な写真を店頭に掲げているので闇雲に選ぶと「あそこも良いな、ここも良さそう」と決められません(笑)

そこでお店を絞るコツですが、自分の譲れないポイントを1つ決めて、それに沿って選んでいくと決めやすいかと思います。

逆に、「ピンクの可愛いドレスがあるところがいいんだけど、室内セットがあるところで、あんまり家から遠すぎるところは嫌だし、あ、でも値段は○○円以下で・・・」とか言っていたら一生決まりません!!!(笑)

なぜなら、お店がありすぎるのでなんとなくで比較していくとキリがないからです。

ちなみに私たちは結婚当初その状態に陥って一度挫折しました(笑)

どこも良いように思えて、でもどこも決定打が無く決められなかったのです。

 

なのでリベンジマッチの今回は、私の譲れないポイントはただ一つ。

浮遊ウエディングフォトを扱っていて、その技術が良いこと(自分が好きかどうか、ホームページの写真を見て判断)。

これを軸にお店を探しました。そうするとすぐに数軒に絞られたのです。

 

私はそうでしたが、皆が皆浮遊ウエディングフォトを撮りたいわけではないと思うので(笑)、その他のお店選びの基準にしてもいいかもと思ったものを個人的な視点で挙げておきます。

  • ドレス

ドレスにとてもこだわりがある人の場合は、ドレスのみを見て自分の好きなドレスがあるお店で絞っていくと絞りやすいです。

  • 値段

ウエディングフォトの値段、安いものから高いものまでありますが品質と値段は比例する印象です。

衣装を何着にするのか、最終的にもらえる商品の量と大きさ(データを全部もらえるか否か・アルバムの大きさ/量/質/ページ数・パネルの大きさ/量/質)、結婚式当日にレンタルするドレスの量/質(このサービスがあるところが多いです)等々によって全く変わってきます。

より良いものを求めていくとべらぼうな金額になったりするので、値段を基準にお店を探すのもいいと思います。

ただ安いものはその分衣装が全2着しかなかったり、イケてるドレスがなかったり、よく見たら後々から追加料金があったりすることもあります。

  • ヘアメイクさんが自分の意見を取り入れてくれそうか

これは実際に撮った友達の体験談からの教訓ですが、ヘアメイクさんは重要だという事です。

お店によっては自分の好きなヘアメイクを伝えたのに聞いてもらえず、「ヘアメイクさんが思っている美人」のヘアメイクをされた結果ものすごく台湾風になってしまい全然好みじゃなく後悔するという場合もあります。

ヘアも、複雑なヘアセットはできないというヘアメイクさんもいますので、ヘアセットにこだわりがある人は要注意です。

なのでヘアメイクに特にこだわりがある場合は、お店に行って話を聞く際に自分の好きなヘアメイクの写真を持参して、希望通りにやってもらえそうかを確認しながらお店を選定するのもいいと思います。

  • 家から近いか

意外とこれで決めてもいいと思います。何故ならウエディングフォト作成の過程で打ち合わせなどがあるので何度もお店に出向く場合が多いです。

なので「家から車で1時間以上」などの遠いところをうっかり選んでしまうと打ち合わせの度に車を走らせなくては行けないことになり通うだけでかなり大変です。

家から近いところにお店があり、そのお店が好きな場合はこれ程いいことはありません。

お店選びSTEP2 より好きな1軒を決める

私が候補に挙げたのは、浮遊ウエディングフォトで有名なこの3軒でした。

  1. ライオンウエディングスタジオ [中壢]
  2. 中壢Delia [中壢]
  3. 新竹フランスパリ(法國巴黎) [新竹]

1と2は幸いにもうちの近くにあるお店です。3は車で1時間以上と遠いですが、浮遊ウエディングフォトの老舗です。

浮遊ウエディングフォトで有名だけあって、技術はどれもほぼ同等と思われます。

 

結論は、2のお店「中壢Delia」と契約してきました!

ここではお店を最終決定するために色々突っ込んだ質問もするのですが、最終的に2のお店にした理由は

  • 値段が比較的お得だった(今ちょうどキャンペーン中で無料でパネルのサイズアップなどがあった)
  • スタッフの接客が好きだった(主にダーリンが気に行った)

です。

技術や物がほぼ同じ場合はやっぱり最後は人なんだなぁと思いました。

私たちがお店で聞いた・確認したこと

私たちがお店で聞いた・確認した事をまとめておきます。

私の質問(主に写真の仕上がりやヘアメイクについて)

質問 備考
写真修正は自分の納得いくレベルまでやってもらえるのか お店によっては「○%まではやるが、それ以上はやらない」とか、「それ以上は追加料金」というところもあるので。
私たちとスタッフさんたちのコミュニケーションは十分にとってもらえそうか 実際にお店に行って打ち合わせ以外にもLINE上でやりとりすることもある。
(自分のやりたいヘアメイク写真を見せて)これはやってもらえるか 当日になって「こんなはずでは」を防ぐため。
中華風のドレスはあるか 中華風を一着着たいから。お店によっては置いていないため。
浮遊ウエディングフォトは実際にどうやって撮るのか あれ、死にそうに大変らしいです・・・撮り方についてはまたいつか書きます(笑)

ダーリンの質問(主に費用について)

質問 備考

支払い方法

クレジットカードの可不可・頭金・支払いのタイミング

高額なのにカード不可のお店も意外と多いので、現金のご準備を。

撮影当日の車・運転手はどうするのか

ドライバーを雇えるかどうか・その場合の金額

レンタカーを借りた場合の金額

新郎が自分の車で自分で運転の場合が多い。

ダーリンはそれが嫌だったので聞いていた。

浮遊ウエディングフォト6枚全部もし気に入らなければどうするのか

浮遊ウエディングフォトは基本費用に浮遊ウエディングフォト費用が追加で、枚数は6枚というのが定番のよう。

6枚すべてが気に入らないという事が発生しないように、撮影時から確認しながら撮っていくとのこと。

基本フォトを減らしても浮遊フォトを6枚以上にすることはできないのか

 

どこも出来ないと言われた。

追加費用について

写真をアルバムに追加するときの追加費用

 1枚いくらなのか、1ページでいくらなのかも明確に。

(アルバムによっては1ページの中に複数の写真を入れるなどの場合もある)

アップグレード費用

ドレスのアップグレードはあるか・いくらか

アルバムやパネルの大きさを大きくしたらいくらか

 

 お店によっては基本料金に含まれているドレスはどれもいまいちなものばかりで、その他にも綺麗なドレスも置いてあり、そっちにするなら+○○元ということがあるので。

アルバムやパネルも更に大きなものにアップグレードできるところが多いが費用がかかる。

当日友達や家族を同行できるか

同行できるところが多い。

(セット商品の)○○は要らないから他のものに交換できるか、もしくは返金できるか

 お店・商品によっては可能。

ダーリンはセットで必ずついてくる結婚式の時に自由に持ち帰ってもらうカードが嫌いでどうしても要らないらしく、あれの他になにか換えられないかと聞いていた。

基本料金値段の交渉

台湾人は何でも値引き交渉するが、最近は値引きの交渉には応じないお店が増えているらしい。

ダーリンも一応軽く交渉はしていたが、私たちがまわったお店たちも値引きはNGだった。しかしその分何かサービスをしてくれるというところはあった。

ダーリン曰く値引き交渉を頑張りすぎてお店の人との関係が悪くなると相手も人なのでフォトの品質に影響してくる可能性があるので、あまり頑張りすぎない方が良いらしい。

あと沢山値引きしてくれるお店は、後から何かあった時に追加料金などが高い場合もあるよう。

撮影が楽しみ!!

契約が終わったので、次は打ち合わせです。そして撮影へ!!

撮影は9月の終わりか10月になるそうです。楽しみです~(*´▽`*)

とりあえず当日に向けて体力をつけたいと思います!(笑)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

ブログ内の記事を今すぐ検索♪


  • KEDDY
    台湾の新北市に住んでいます。
    1986年生まれのA型の魚座。台湾が好きで台北に留学経験あり。帰国後台湾人のダーリンと運命の出会い♡をし、まさかのスピード結婚。ダーリンと二人で毎日楽しく暮らしています。詳しいプロフィールはコチラ

  •             
  •    follow us in feedly  
PAGE TOP ↑