*

影が薄すぎる台湾のバレンタインデー。我が家の今年のバレンタインは・・・

  

こんにちは、keddyです。

本日2月14日は、台湾もバレンタインデーです。

バレンタインデーといえば、日本では何日も前からデパートにバレンタイン用のチョコレートが並んで街はバレンタイン一色となり、

女子たちは彼氏や夫・会社の人たちに渡すチョコや友チョコを用意したり、デパートで自分チョコを買ってみたりと国中で見ても結構気合の入っているイベントといえますが、

台湾は違います。

 

台湾での、2月14日のバレンタインデーの影が薄いのなんのって!!!

「え?バレンタイン?ああ、そんなのあったっけ?」とかいうくらいのレベルの影の薄さです。

 

台湾には年に2回バレンタインデーがあり、もう一つの旧暦の7月7日(8月頃)のバレンタインデーはもう少しマシで、

台北の都心部などではバレンタインの装飾がされていたりなどまあまあ盛り上がります。

台湾ではチョコレートやプレゼントは男性から女性に贈るので、男性がデパートのチョコレート売り場に群がるという面白い光景も見られます(笑)

(7月7日のバレンタインデーについては台湾のバレンタイン(8月と2月)についてと我が家のバレンタイン参照)

 

それに比べて2月14日のバレンタインデーの「適当にあしらわれてる感」は否めません(笑)

私は今まで2月14日のバレンタインデーがあるのにもかかわらず、何故旧暦の7月7日にもバレンタインを祝うのかが良くわかりませんでしたが、

2月14日のバレンタイン感があまりにも無いので、

「皆2月14日のバレンタインデーをあんまり祝わないから、旧暦の7月7日にもバレンタインを祝うのかしら?」と思ってしまうほどです。

むしろあっちがバレンタイン本番かと思うくらい、2月14日のバレンタイン感は薄いです(笑)

 

ではなぜ台湾で2月14日のバレンタインデーがあまり祝われないのでしょうか?

スポンサードリンク

旧正月の威力に押されるバレンタインデー

毎年2月14日バレンタイン付近には、台湾では旧正月があります。

旧正月は台湾人にとって1年で最も大事な時期なので、街中の装飾は旧正月一色となり、皆の意識は完全に旧正月に行きます。

そして旧正月が来ると、家族や親戚と会ったり食事をしたり寝ないで麻雀したり旅行に出かけたりと、旧正月を全力で楽しみます。

もう全身全霊で旧正月に全力投球です!

 

なので皆旧正月の事を考えすぎて、脳内が「新年快楽!ハッピーニューイヤー!」とおめでたいお祭り気分になっているのもあり、

うっかり、本当についうっかりバレンタインの事を忘れてしまうのです(笑)

 

旧正月は毎年日にちが違うので、バレンタインと旧正月が離れていれば少しはバレンタインの事も頭に過るのですが、

今年のように「旧正月の大型連休の最後の日がバレンタイン」とかいうような旧正月に紛れている日程の場合は、

多くの人が「あ~旧正月ももう終わりだなー明日から仕事かあ」とか思ってるくらいで、バレンタインの影の薄さはとんでもない事になります(笑)

それでもロマンチックなカップルは祝うよ!バレンタイン

そんな多くの人に忘れられがちな2月14日のバレンタインですが、台湾ではチョコレートやプレゼントは男性から女性に贈るという事もあり、

このバレンタインを祝うか祝わないかは男性次第というところもあります。

 

男性がロマンチック又は彼女に良く尽くしてくれるタイプで、バレンタインを覚えていて祝ってくれるなら楽しいバレンタインを過ごすことが出来ますし、

そうでないタイプの男性なら旧正月とかぶっている時期のバレンタインはスルーされる可能性が高いです。

もしくは女性のほうが強くて、「いくら旧正月と近いからって、バレンタイン忘れたらどうなるか・・・・(怒)!」といって彼氏に圧をかけている場合も祝う事になるでしょう(笑)

 

今年も彼氏や夫がチョコレートやお花などのプレゼントを買ってきてくれたり、レストランに連れて行ってくれたりしたというカップルももちろんおり、素敵な彼氏さん・旦那様だなあと思います。

中でも「とても台湾らしくて素敵だな」と思うのが、平溪にランタンを見に行くデートです。

e4f7c0048b91cfaa6e40e2d6139e3cae

ランタンを見に行くというだけでもかなりロマンチックなのですが、

バレンタインの時には写真のような可愛いハート型のランタンが現れるので貴重です。

もちろんかなりの混雑になりますが、バレンタインの良い思い出になりそうです。

我が家の今年のバレンタイン話

去年は旧正月に義理実家にずっと居なかったのと、ダーリンは旧正月といえども普通に仕事があるので旧正月感があまり無かったためバレンタインの影響も薄かったのか、

2月14日のバレンタインは普通にバレンタインとして過ごしていました。

少なくとも去年は私の中でまだ日本で過ごしていた頃の余韻か、私はバレンタインをとても意識していました。

私たち夫婦が台湾式バレンタインデーを過ごすことに決めた話参照)

 

しかしダーリンと結婚して台湾で生活して2年目、私としたことがバレンタインを重要視しないダーリンの影響でバレンタインをすっかり影の薄い行事にしてしまい、

その上旧正月に全力投球していたせいで、今年のバレンタインをうっかり忘れていたのです(笑)

 

そして今年は、バレンタインを忘れていた理由がもう一つありました。

14日はバレンタイン当日にも関わらず義理家族たちに、「美味しい北京ダックのお店を予約したから、14日は親戚たち皆で食事よ」と言われており、

家族全員がバレンタインのバの字もなかったということです(笑)

ダーリン姉やいとこの兄たちも皆相手が居るというのに、2月14日に総出で北京ダックです。

なんせ北京ダックですからね、私の脳内でバレンタインには全く結びつきませんでした(笑)

 

美味しい北京ダックは心から食べたかったのですが、ダーリンの車が古すぎて動かなくなるというハプニング(!)があり、

車が無い私たちはわざわざ電車で台北に行くのもしんどいので結果家にいることにしました。

というわけで我が家の今年のバレンタインは、北京ダックを食べに行くことさえもせずに完全に引きこもりとなったのです(笑)

 

バレンタインを重要視していないダーリンですが「バレンタインのプレゼントだよ」と言って日本で私の欲しかったバッグを買ってきてくれたので、

私はそれを見て一通りニヤニヤして今年のバレンタインは満足しました(笑)

 

ロマンチスト魚座の私は本来ならいい感じのオシャレレストランにでも行きたいところですが、

1週間の旧正月を義理実家で過ごして疲弊している私と、1週間の旧正月を仕事で日本出張になり少しも休んでいないダーリンはもうとにかく家でダラダラしたかったのです(笑)

イベントごとはできるだけ祝いたい派の私でさえ、今回ばかりは「とにかく家で休息を・・・」という感じで、

旧正月を全力で過ごした後にバレンタインを祝うのは体力的に結構きついということが身に染みてわかりました(笑)

 

こうして台湾人ダーリンの影響で、

結婚当初は「旧正月なんてそんなに重要なの?」「バレンタインに家で何もしないとかありえない!」と本気で言っていた私が、

いつのまにか「旧正月>バレンタイン」になりつつあるのだと気づいた今年のバレンタインでした(笑)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

ブログ内の記事を今すぐ検索♪


  • KEDDY
    台湾の新北市に住んでいます。
    1986年生まれのA型の魚座。台湾が好きで台北に留学経験あり。帰国後台湾人のダーリンと運命の出会い♡をし、まさかのスピード結婚。ダーリンと二人で毎日楽しく暮らしています。詳しいプロフィールはコチラ

  •             
  •    follow us in feedly  
PAGE TOP ↑