*

【台湾澎湖旅行】海上レストラン「海洋牧場」で牡蠣食べ放題!

公開日: : 最終更新日:2016/07/02 台湾観光・ショッピング ,

  

澎湖旅行に来たkeddy夫婦。

最終日のお昼は海上に浮かぶレストラン、「海洋牧場」で牡蠣の食べ放題を楽しみました♪

 

「海洋牧場」へ行くには馬公の港にある南海旅客センターから船に乗る必要があります。

この日もあいにくの雨、雨がっぱを着てバイクで馬公の港へ向かいます。

雨の日にバイクに乗ることがどれだけ大変か身に染みて分かる私・・・(笑)

ずぶぬれになりながらも港に到着しました。

DSC_3822DSC_3821

私たちは海上皇宮という会社の海洋牧場に行くので、海上皇宮のカウンターでチェックインをします。

ダーリンがチェックインを済ませてくれて、時間になったら皆でぞろぞろと船に乗り込みました。

DSC_3823 DSC_3824

小型船に乗ることをわかっていた私はばっちり酔い止めを飲んできていました!

台湾の酔い止めは強くてよく効くのですが、これから食事なのに万が一でも酔ったらあんまりなので船では風にあたるようにしていました。

DSC_3825 DSC_3828 DSC_3829 DSC_3830 DSC_3831

景色を眺めていたら、意外にもすぐに着きました。良かった!!

さて、海上レストランって一体どんな感じなのでしょうか!?

スポンサードリンク

海上レストランで牡蠣三昧!

海上レストラン、こんな感じです!

じゃん!!

DSC_3832

レストラン、というよりはバーベキュー場みたいな感じです。

「海上レストラン」という響きからオシャレロマンチック系レストランを勝手に想像していた私は、あれ!何か違う!って思いましたが、まぁいっかワイルド系でも・・・。

これからガシガシ牡蠣を焼きまくるんですもんね!

机の上には牡蠣を今すぐにでも焼けるよう、一式がセットされていました。

DSC_3833

ちなみに私たちは夫婦2人だったので、他の夫婦と相席でした。

相席といっても机が広いのであまり圧迫感はなかったです。

これがとれたて新鮮な生牡蠣です!

DSC_3834

着席すると皆待ちきれんぞとばかりに牡蠣を焼きはじめました。

私たちも早速網にのせて焼いてみます!

 DSC_3839

おお~いい感じ!こんなに沢山の牡蠣を一度に見たのは生まれて初めてかもしれません。贅沢~!

 

牡蠣を焼くのはダーリンの仕事なので(笑)、私はお粥をとりに行ってきました。

DSC_3845

ここでは牡蠣と、海鮮粥が食べ放題なんです!

台湾のお粥だから味が薄すぎるパターンなのかな?と思っていたら、意外にもしっかりとした味付けでした♪

 

DSC_3847

牡蠣を焼く時間は意外と短くて3分で良いんだそうです。

牡蠣の殻を開けるのは結構力が要ります。がんばれ、ダーリン!

DSC_3850DSC_3844

パカッ!!

DSC_3853

牡蠣の殻を開けてもまだ生っぽい場合はこのままもう少し焼いて・・・

DSC_3852

完成です!牡蠣はぷりっぷりで身が大きいです♡

これをひたすら焼いて食べて焼いて食べて・・・・・・・・一心不乱にむさぼる私たち(笑)

いや、みんな必死です!(笑)

DSC_3842 DSC_3857

なにやら隣の人が牡蠣以外のメニューを食べていたので観察していると、他のメニューはお金を払えば買えるようです。

ということで私たちもここに行って、隣の人が食べていたイカボールを注文!

DSC_3854

これが澎湖のイカボールです。

DSC_3848

見た目は台北のとあまり変わりませんが、味は格段にこっちがウマイです!!

それもそのはず、澎湖のイカボールは名産品として有名なんだそうです。

イカボールを食べながら、牡蠣のおかわりも行く私たち(笑)

食べ放題だから沢山食べなきゃ損ですよね~♡

おかわりは自分で取りに行く方式です。

DSC_3855

なんだか激しいです(笑)

ここから自分の好きな牡蠣を取ってテーブルへ持っていきます。

私たちもおかわりして食べた結果・・・・・・・・・・

DSC_3900

こんなに沢山の牡蠣を平らげました!!\(^o^)/

 

食後は釣堀で遊ぼう!

お腹が満たされた後は、レストランに併設されている屋外の釣堀に出てみました。

海に浮かぶ釣堀です。

DSC_3856DSC_3860

ここではお魚を釣って遊ぶのかな?と思いきやそうではなく、

大きな魚の頭(エサ)がついている釣竿で、池の中の魚にエサを食べさせるだけという、

誰も傷つかない史上最強に平和な遊びでした。

DSC_3862

このように、釣竿につけたエサに魚が群がってきます。ただ、それだけです。

DSC_3864

群がってる群がってる~可愛いな~

と、魚を見るだけです。超、peace!!

DSC_3871

中にはこんなに大きな魚の泳ぐ池もありますが、魚にエサを食べさせるだけなのは同じでした(笑)

もはやここの魚はペットみたいな感じです。

DSC_3892

それでも結構遊んじゃうんですよねー(笑)

ここのあまりの平和さに、たまにある人の釣り針に魚が誤って引っかかって本当の釣りみたいになってしまい、魚がもがき苦しんでいる光景を見ると心が痛みました(笑)

 

釣堀の一角は牡蠣の保管場(?)になっていました。

DSC_3889

この牡蠣は恐らくこれから皆に食べられる用のものです(笑)

 

海に浮かぶレストランだけあって、見渡す限り周りは海!海!海!です。

DSC_3869 DSC_3890 DSC_3858DSC_3859

天気が良かったら海も空ももっと綺麗に見えたかもしれないと思うと少し残念ですが、風邪が気持ちよかったです。

2階へ上がってみよう

このレストラン、2階もあるので2階へ上がってみました。

DSC_3894

1階と変わらず賑やかなバーベキュー場になっていました。

DSC_3895

2階から外を眺めることができます。

先ほどの釣堀がよく見えます。

DSC_3897 DSC_3898

自分の時間の船にのり、帰宅

時間になったら帰りの船に乗ってまた馬公の港に戻ります。

遊びすぎて自分の帰りの船を乗り逃さないようにしましょう(笑)

 

海上に浮かぶレストランで牡蠣の食べ放題なんてなかなか経験できないので、とても良い思い出になりました。

澎湖に来たらここはとてもおすすめです!

 

一つ注意点は、船酔いする人は必ず酔い止めを飲んで来たほうがいいということです。

海に浮いているので、レストランで牡蠣を食べているときも釣堀で遊んでいるときも、常に僅かに揺れます。

定期的に船でお客さんが入ってくるのでその時は特に大きめに揺れます。

 

私は船酔いが激しいタイプなので食事中に揺れ続けるなんて本来ならとんでもないことですが(笑)、船酔いの薬を飲んできたかいあって気分が悪くならずに済みました。

なので酔いやすいタイプの人はここに来る前は船酔いの薬をお忘れなく☆

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

ブログ内の記事を今すぐ検索♪


  • KEDDY
    台湾の新北市に住んでいます。
    1986年生まれのA型の魚座。台湾が好きで台北に留学経験あり。帰国後台湾人のダーリンと運命の出会い♡をし、まさかのスピード結婚。ダーリンと二人で毎日楽しく暮らしています。詳しいプロフィールはコチラ

  •             
  •    follow us in feedly  
PAGE TOP ↑