*

台湾の猴硐(侯硐)猫村について。猫好きが猫村で猫まみれになってきた!

公開日: : 最終更新日:2015/07/16 台湾観光・ショッピング , ,

  

こんにちは、keddyです。

このブログを読んで下さっている方にはお馴染み猫好きな私が、結婚後猫にはまったダーリンと一緒についに台湾の猫の村、猴硐猫村に足を踏み入れてきました!

私は留学時代の3年前、猫村に2度行ったことがありますが今回行って驚きました。

オシャレなカフェができ、可愛い猫のオブジェが増え、猫がかなり増え、そして中国・香港などの海外からの観光客も増えていて、猫村はかなり進化しておりました。

特に猫が増えたことにより、「他の人が猫を独占していて猫と触れあえなかったよ!」なんていう切ない事態は起こりません。

歩き回っていれば必ず沢山の猫と触れ合えます。触れ合えまくりです。

DSC_2272

私のように最近実家の猫をモフモフできていなくて猫不足な人、猫好きな人は猫カフェの何十倍も猫まみれになれるので、是非台北から足を延ばして行ってみてください。

満足できること間違いなしです。

※この記事は猫好きな私の猫村への想いと写真が溢れすぎて長いので、時間のある際にゆっくり読まれることをお勧めします!笑

スポンサードリンク

猴硐(侯硐)猫村への行き方

台北から猫村へは台湾鉄道で行けます。間違えて基隆に行ってしまわないようにご注意を。

Skitch

私たちはうち(中壢)からだと車のほうが早いので、車で行きました。なんと1時間ちょっとで着けました。

猴硐駅に着くと、沢山の猫オブジェと猫がお出迎え!

猴硐(侯硐)駅に着くと沢山の猫オブジェや猫のアートがお出迎えしてくれ、猫村に来た!という感じがします。

DSC_2255

▲ちゃっかり隣には本物の猫ちゃんが♡

DSC_2259 DSC_2260DSC_2261 DSC_2258 DSC_2250 DSC_2252DSC_2248 DSC_2249

▲この可愛い猫のイラストたち、留学生時代(3年前)に来たときにはありませんでした。猫村も日々可愛らしく進化しています!

CIMG0347 CIMG0348

▲猫村らしい、猫出没注意の看板

CIMG0344

▲看板の裏からチラリ

DSC_2264 DSC_2254

猫村の観光の仕方

駅には猫村散歩マップがあります♪

DSC_2262

猫村は、台湾鉄道を挟んだ両側に見どころがあります。

上の地図で見ると、鉄道を挟んだ向こう側(上側)が山の上に立ち並ぶ民家のあるエリアで、猫たちが沢山いるところです。

鉄道を挟んだこちら側(下側)が昔炭鉱だったエリアで、当時の建物の廃墟や、猴硐猫村の歴史を知ることが出来る博物館があります。

早速猫たちが沢山いる民家のエリアへ!

猫に飢えまくりの私たち夫婦、早速猫が沢山いる民家のエリアへ向かいます!

DSC_2266 DSC_2268

駅からこの通路を通って行きます。

DSC_2265 DSC_2267

途中には猫村でのマナーを掲げた看板も。犬猫は絶対に捨てないで!!

DSC_2271

通路にも猫ちゃんがお昼寝中でした♪

民家のエリアは猫・猫・猫!!

民家のエリアに着くと、そこは猫まみれの猫好きの天国です!!!!

ここの猫たちは人馴れしていて写真はもちろん、撫でさせてくれるのが猫好きにはたまらないポイントです。

CIMG0342

以前来たときよりも猫がかなり増えており、猫パラ(猫パラダイス)度が増しております。

DSC_2273 DSC_2274DSC_2286

▲台湾の古い建物好きな私は、猫だけでなく昔ながらの民家の様子がたまりません♡

DSC_2312 DSC_2314DSC_2285 DSC_2284

▲ここは風景も建物も素敵なので、猫ちゃんの写真がいちいち絵になるのです♪

DSC_2283DSC_2295 DSC_2297

▲「猫がいます」の看板も英語・日本語併記でグローバルに!

DSC_2275 DSC_2277 DSC_2278 DSC_2288DSC_2280

▲とっても味のある建物です♡

DSC_2281 DSC_2287  DSC_2289

▲何匹いるでしょうか!?笑

DSC_2290 DSC_2291   DSC_2294  DSC_2296 DSC_2292DSC_2298  DSC_2302 DSC_2303  CIMG0341

▲餌を買ってあげることが出来ます。

CIMG0337 CIMG0336

▲餌をあげる人の周りには子猫と母猫が群がって、とっても羨ましいことになっていました・・・( *´艸`)

CIMG0338

▲「子猫には触らないで!」と地元の人が呼びかけていました。

DSC_2304 DSC_2305 DSC_2299DSC_2306

▲奥は猫ちゃん達の集会所になっていました。

DSC_2307 DSC_2276DSC_2308

▲以前はなかった、猫のオブジェやイラストが可愛いです♪

DSC_2300 DSC_2301DSC_2323

▲猫って段ボール好きですよね(笑)

CIMG0298 CIMG0330CIMG0332

▲この暑さじゃ水も飲みたくなるよね・・・

CIMG0333 CIMG0334CIMG0335

▲この子は妊婦さんのようでした。

DSC_2310

▲民家側から見た鉄道の様子はとっても素敵でした。

民家の中にあるオシャレな猫カフェ

この民家エリアに3年前にはなかったもの、それはカフェです!!

民家の中に、オシャレで可愛い猫カフェが沢山できていました。

CIMG0307 CIMG0311CIMG0308CIMG0309 CIMG0329

山の上にあるので、見晴らしも良いんです♪

CIMG0313

この日は炎天下、山道を散策していると汗だくになって喉が渇くので、カフェの存在はとてもありがたく感じました。

CIMG0310 CIMG0314DSC_2293

熱中症にならないためにも、疲れたら休憩を挟みましょう♪

民家の中のお店

民家の中には猫カフェ以外にも色々なお店がありました。

DSC_2319 DSC_2315

▲昔ながらの小吃を売るお店

DSC_2320 DSC_2321

▲こんな立派な招き猫のお店も♪

CIMG0331 DSC_2316 DSC_2317

▲なんとお土産屋さんの中にも猫が!外は暑いので涼んでいましたよ♪

DSC_2322

▲お店のおばちゃんに代わって猫たちが店番!?

炭鉱の廃墟があるエリアへ

猫と戯れまくり民家エリアを堪能した後は、鉄道を挟んだ反対側の炭鉱の廃墟があるエリアを見てみましょう!

DSC_2244 DSC_2245 DSC_2246

駅前の小吃のお店をぬけて、館願景(VISION HALL)へ。

DSC_2233

中は猴硐の歴史や以前の炭鉱の様子を紹介する博物館のような感じになっています。

DSC_2236 DSC_2237 DSC_2238 DSC_2240

DSC_2239 DSC_2235

▲中には猫カフェもあります♪

DSC_2241 DSC_2242

▲館願景の近くには観光センターと、猫のオブジェがありました。

DSC_2229 DSC_2226DSC_2230

▲このあたりにも猫たちはウロウロしています。

炭鉱跡見学

折角来たのだから猫以外にも炭鉱跡も見てみようという事で、炭鉱跡を見学して来ました。

ここには日本統治時代に炭鉱の町として栄えた形跡が残っています。

DSC_2231 DSC_2232 DSC_2228 DSC_2225

この廃墟がなかなか味があっていいんですよね。

廃墟の上に階段で登っていくと、以前使われていたトロッコの線路がある橋の上に出ます。

CIMG0365 CIMG0350

CIMG0369

橋を渡った先にはトロッコが通るトンネルが。

CIMG0353

このトロッコ、今は使われていないのかと思いきや観光客用として動いていました。

CIMG0364

ここで150元のチケットを買うと、トロッコに乗り炭鉱を見学できるツアーに参加できます。

私もトロッコに乗りたかったのですが、先ほど猫とフィーバーしすぎて疲労がピークに達していたため断念しました(笑)

CIMG0370CIMG0372

橋を渡ったところから見た風景です。

CIMG0371

お土産買うなら猫のパイナップルケーキがおすすめ!

最後に、猫村には沢山の猫グッズのお土産が売っていますが、私は断然猫のパイナップルケーキがおすすめです♪

DSC_2247

猫の形のパイナップルケーキなんて可愛すぎて、食べるのがもったいないんですけどね・・・♡

 

そして本当はこの後十分や平溪にも行く予定だったのですが、ここで張り切りすぎて私が全体力を使いきってしまったためそのまま帰宅したのでした(笑)

猫村の後予定があり体力に自信のない方は、猫村で沢山の猫を見てもフィーバーしすぎないようご注意ください(笑)

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

ブログ内の記事を今すぐ検索♪


  • KEDDY
    台湾の新北市に住んでいます。
    1986年生まれのA型の魚座。台湾が好きで台北に留学経験あり。帰国後台湾人のダーリンと運命の出会い♡をし、まさかのスピード結婚。ダーリンと二人で毎日楽しく暮らしています。詳しいプロフィールはコチラ

  •             
  •    follow us in feedly  
PAGE TOP ↑