*

やっぱり私は日本人!一時帰国で感動することあるある

公開日: : 台湾生活

  

台湾人ダーリンとの入籍手続き関係により一時帰国していたkeddyです、こんにちは。

今回の一時帰国は地元に帰ってのんびり休むわけでもなく、観光地に行って楽しく観光するわけでもなく、

入籍のために台湾の代表処に行くということと、結婚式で使う物たちをDIYするための道具と材料の調達と、

更には「今まで無縁だと思っていたのについに私の身にも降りかかるときがやってきたか・・・」と思わざるを得ない台湾人家族に買い物を頼まれるというめんどくさいおまけがついて

1ミリも楽しくない用事で大阪に行ったのですが、 やはり日本はすごかったです。

色々と感動し、「こういう事に感動できるって、やっぱり私は日本人なんだな」と実感しました(笑)

という事で今回は私が一時帰国で感動したことをご紹介します。

海外に住んでいる日本人にとっては、結構あるあるなのではないでしょうか♪

スポンサードリンク

空気が綺麗

DSC_3352

見てくださいこの青々とした空!

日本に住んでいた時には「ああ、今日も空気が綺麗だな」なんて全く思わなかったのですが台湾から久々に帰国すると、空港についた時点での空気の澄み具合に感動し、

空港から街中へ移動する際にも空気がとても綺麗な事に感動し、更に人が大勢いる街中でも空気が綺麗な事に感動するというまさに感動の嵐になります(笑)

私の故郷である名古屋の空気もとても澄んでいますが、大阪という大都市の空気も名古屋と変わらず澄んでおり、大都市なのにクリーンな空気という事に驚きます。

毎回日本に帰国した際には空気を目いっぱい吸いこんでおきます(笑)

街が綺麗

ゴミが殆ど落ちていないというのもそうですが、整備された車道や歩道、素晴らしいですね。

歩道にバイクが乗り上げてくることもなく、安全です。

特に歩道が広く道が凸凹していないのがヒールを履きたい女子にはとても優しいです。

今回混雑している人混みの中をお気に入りのパンプスを履いてものすごく長距離歩いたので、台湾での癖で、

「しまった!お気に入りの靴でこんなに沢山歩いてしまった!パンプス汚くなってるだろうな・・・」と恐る恐る見てみると、 全く汚れていませんでした。

道が綺麗ってこういう事なのかと感動しました。

大阪も名古屋も日本人女子は皆綺麗なパンプスを履いて街を闊歩していますが、整備された安全で清潔な道だからできることだと思います。

適当に入ったレストランが美味しすぎる

DSC_3368

日本のレストランのクオリティには本当に感動します。

高級店はもちろんですが、激安のお弁当やさんや吉野家など牛丼屋からファミリーレストラン、激安居酒屋に無名のレストラン、どこに入っても必ず一定以上の味のクオリティがあり、

「不味くてとても食べられない」というお店がありません。

今回吉野家も食べましたし、無名のレストランやあまり知らないラーメン屋さんにも適当に入りましたが、どのレストランに入っても、何を食べても美味しかったです。

もちろん私が日本人なので「故郷の食べなれた味」というのはあると思いますが、当たり外れのハズレのほうの幅が大きくないので安心して適当にレストランに入れるというのは凄い事だと思います。

コンビニの食べ物の美味しさと品揃え

日本はレストランだけでなく、コンビニの食べ物ですらも美味しすぎます。

日本ではコンビニがあれば生きていけると確信しました(笑)

品揃えが多く私たちを飽きさせないこともポイントです。

DSC_3375

おにぎりとサンドイッチの種類が豊富です。

おにぎりはさすがおにぎり元祖の国だけあってとてもおいしいです。

「梅や昆布ってこんなにおいしかったっけ」と感動しました。

DSC_3376

サラダやお惣菜の数も沢山、ご飯やパスタ系も豊富です。

DSC_3377

パンもどれも美味しそうなものばかりで、実際に何を食べても美味しいです。

DSC_3374

一番嬉しいのはコンビニスイーツが充実していることです。

台湾には洋風のスイーツはコンビニにほとんど売っていないので、ここぞとばかりに毎日食べましたよ(笑)

この時期はハロウィンものでカボチャスイーツが多くて最高でした。

物価が意外に安い

最後に感動した事、それは日本は「安くて良いものが多い」という事です。

台湾と比べ物価が高いと言われる日本ですが、確かに交通費などは尋常じゃなく高いのですが、生活用品や食べ物の値段を考えると意外と安いことに気づきました。

ここでの安いというのは、単に値段が安いというだけでなく品質に対しての価格を考えての事です。

例えばコンビニのおにぎり一つでも、吉野家の牛丼一杯にしても、日本の品質(美味しさ)を考えると「この品質でこの値段、安い!」と思うのです。

100円ショップや300円ショップで売っている生活用品やインテリア、ドラッグストアに売っているもの、デパートに売っている服なども同じです。

「この商品の品質と同等の品質のものをもし台湾で買ったら(売っていないことが多いですが)日本で買うよりも高額になるだろうな」と思う事が多く、

台湾人や中国人が日本に来て爆買いをする気持ちがとても良く分かったのでした。

ちなみに今回大阪の商店街を歩いたのですが、安くておいしいお好み焼き屋さんやたこ焼き屋さんがあったり、安い服屋さんがあったりと名古屋よりも物の値段は更に安く感じました。

心斎橋や道頓堀のあたりは特に観光客の外国人だらけでしたが、安くておいしいものが沢山あったり商店街のものが安いので、

美食や観光だけでなくショッピングにも適している大阪が観光客に人気なのもわかる気がしました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

ブログ内の記事を今すぐ検索♪


  • KEDDY
    台湾の新北市に住んでいます。
    1986年生まれのA型の魚座。台湾が好きで台北に留学経験あり。帰国後台湾人のダーリンと運命の出会い♡をし、まさかのスピード結婚。ダーリンと二人で毎日楽しく暮らしています。詳しいプロフィールはコチラ

  •             
  •    follow us in feedly  
  • まだデータがありません。

  • まだデータがありません。

  • まだデータがありません。

  • まだデータがありません。

  • まだデータがありません。

  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑