*

日帰り高雄観光~アートでオシャレなスポット、駁二芸術特区~

公開日: : 最終更新日:2015/07/21 台湾観光・ショッピング ,

  

こんにちは、keddyです。

高雄の友達に約1年半ぶりに会いに行ってきました!!

中壢から桃園へ行き高鐵に乗って弾丸の日帰り旅行でした♪

以前も留学中に数回高雄には彼女に会いに行っていたのですが、いつも彼女の家で遊んだりショッピングしたりとあまり観光的な事はしたことがなかったのですが(笑)、

今回は珍しく高雄で大人気の「駁二芸術特区」という観光スポットに行ってきました!

駁二芸術特区ってこんなところです。

「駁二芸術特区(特別区)」は高雄港第三ドックにあり、1973年に高雄港の倉庫として建設されました。関係機関が2000年の建国記念日祝賀花火大会の開催場所を探していたとき、偶然にこのスペースを発見しました。

後に「高雄駁二芸術発展協会」と「樹徳科技大学地方芸術発展工坊」が、「文化部」の「未利用スペース再利用計画」の資源を利用して活性化計画を実施した結果、ここは、台湾南部の実験創作アトリエ、及び工芸クリエイティブ発展センターに変身しました。

2006年、高雄市文化局がその経営を受け継いだ後、文化クリエイティブ産業と生活美学に関する議題の押し広めに重点を置き、港湾都市としての魅力のある生活の再構築に力を入れ、駁二芸術特別区を若くて、オリジナリティ溢れる、距離感のない文化クリエイティブ実験創作エリアに建設しました。

参観者数がますます増えているため、ここはすでに南台湾の人気な芸術拠点及び観光スポットになっています。

台湾文化部 地方文化館のHPより

つまり、元々倉庫だった場所を改装して今では芸術家が集まるオシャレな場所に生まれ変わり、地元の人や観光客に人気のスポットになっているわけです!

沢山写真を撮ってきたので、写真とともに駁二芸術特区をご紹介します♪

スポンサードリンク

日帰り高雄観光~アートでオシャレなスポット、駁二芸術特区~

倉庫を改装したお店

DSC_0010 DSC_0011

このように倉庫を改装した味のあるお店が立ち並びます。

DSC_0012 DSC_0013

お店は雑貨屋・カフェ・洋服屋など様々です。

DSC_0014 DSC_0015

ある雑貨屋に入ってみました。

DSC_0016 DSC_0017 DSC_0018 DSC_0019

流石アートの場所だけあって、個性的な雑貨が沢山おいてありました。

DSC_0020 DSC_0021 DSC_0022 DSC_0023 DSC_0024

昔の物が中心にディスプレイされていました。

また他の雑貨屋では、

DSC_0026 DSC_0027

わたし好みの台湾花布柄の茶器セットや、台湾っぽい柄のペアのマグカップなどを発見しました。

DSC_0028 DSC_0038 DSC_0025DSC_0039 DSC_0040 DSC_0049DSC_0041

ポラロイドカメラで撮影してもらえるところがあり、写真の仕上がりを見たらなかなか素敵だったので私もダーリンと一緒に撮ってもらいたかったのですが、

ダーリンに「皆に見られて恥ずかしい」という理由で拒否されたためできませんでした(´・ω・`)笑

古着マーケット

路上で古着やビンテージ品、雑貨などを売っていました。

DSC_0042 DSC_0043 DSC_0044 DSC_0045 DSC_0046

DJがクラブ音楽を流して、周りの店員さんが踊っていました(笑)ちなみにチャイナドレスの人は男性です(笑)

DSC_0047 DSC_0048DSC_0070

地区全体がアート

DSC_0050

見にくいですが、ブランコがあります。

DSC_0060 DSC_0062  DSC_0072

この動かないお方、後で見たらノリノリで機敏に踊っていました。

DSC_0073

屋根の上に何かあったり・・

DSC_0075 DSC_0081

至る所に絵やオブジェが。

DSC_0074

元々鉄道が走っていた所です。

DSC_0079 DSC_0077DSC_0080

すぐ隣は海です!

DSC_0082 DSC_0083 DSC_0084 DSC_0085 DSC_0086 DSC_0087 DSC_0088

可愛い手書き。

DSC_0089

こびとづかん展(有料)をやっていました。

DSC_0093 DSC_0095

レゴのお店で見つけた101などの建造物。

DSC_0091

バイクに乗っています!

DSC_0096 DSC_0097 DSC_0098 DSC_0100

古い建物に描かれたアート。

DSC_0099  DSC_0110 DSC_0119 DSC_0120 DSC_0121 DSC_0122 DSC_0123

実際に人が住んでいるところも・・・

DSC_0124 DSC_0125 DSC_0126 DSC_0127

凧揚げと花畑

ひたすら歩いていくと、開けた場所に出ました。 DSC_0131

ここでは多くの人が凧揚げをしていました。

DSC_0134

金魚の形の凧。

DSC_0151DSC_0135 DSC_0128DSC_0136

広がる花畑と無数の凧が綺麗でした。

鉄道の展示

ここは昔の線路がそのままになっているだけでなく、昔使っていた鉄道の展示もしていました。

DSC_0137 DSC_0138DSC_0218DSC_0219DSC_0220DSC_0221DSC_0222

以上です。

特区はかなり広く、長い時間楽しめます。最初の倉庫の所から最後の鉄道の所までは結構距離があるので、歩きやすい靴で行かれることをおすすめします♪

駁二芸術特区について

所在地 :高雄市鹽埕区大勇路1号
電話番号:07-5214869

開放時間:14:00-20:00 月曜日休館
備考:無料参観

交通:
1.《バス》 (A)高速鉄道-鼓山輪渡無料送迎バス→駁二芸術特区 (B)水岸バス→駁二芸術特区(休日運行)
2.《MRT》 橘線→鹽埕埔駅

高雄トラベルネットより

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

ブログ内の記事を今すぐ検索♪


  • KEDDY
    台湾の新北市に住んでいます。
    1986年生まれのA型の魚座。台湾が好きで台北に留学経験あり。帰国後台湾人のダーリンと運命の出会い♡をし、まさかのスピード結婚。ダーリンと二人で毎日楽しく暮らしています。詳しいプロフィールはコチラ

  •             
  •    follow us in feedly  
PAGE TOP ↑