*

テレビと電気と水道とガスが止められそうになるという非常事態

公開日: : 台湾生活

  

こんにちは、keddyです。

我が家、テレビと電気と水道とガスが止められそうになっておりました。テレビに至っては未だうつらないままです。

台湾でこれらの維持費が払えないほど可哀想な状態に瀕しているわけでもないのに、なぜこんな事態になってしまったのか・・・

それには理不尽だったりそうでなかったりわけが分からなかったりと、色々な理由がありました。

スポンサードリンク

ある日突然テレビが見れなくなったin台湾

知らぬ間にテレビの契約を解除されていた!

A4D3A4C3A4AFA4EAC7AD

ある日テレビをつけると急にテレビがつかなくなっていました。

テレビ自体の故障ではなさそうなのでおかしいなと思って、ダーリンにテレビの電波をうちに提供している会社に電話してもらうと、「お宅がテレビ料金を払っていないからだよ。もうテレビの線を切ったから、また新しく契約してもらうしかないね」とのこと。

それを聞いたダーリン、「いや、そもそも支払票が来ないから払いようがなかった。なぜ支払票を送って来ないんだ、おかしいと思っていた」と言うと会社の人は、「支払票が来てない?そんなの知らん」と・・・

契約の際に必ず住所は伝えているので支払票を送れないはずがなく、支払票がなければこちらも料金を払いようがないのに、何の警告もなしに急に契約を切るとは何事か!!と、

この時点であの会社の人の態度に非常に腹が立っていたダーリンですが、電話を切らずに冷静に続けます。

もう一度契約しなおすと契約金も発生するし何よりすごく手間なので、「今からでも支払票を送ってくれ、すぐに料金を支払うから」というと、

会社の人は「いやもう線は切ったから無理。新しく契約してください。以上。」という非常に頭に来る態度だったらしく、ブチ切れたダーリンは「もうあの会社と関わりたくない!!」ということで電話を切り、我が家はテレビ無し状態になってしまったのでした・・・。

ダーリンに、「他のテレビの会社は無いの?」と聞くと、「残念ながら中壢にはあの1社しかないんだ・・・」ということでその会社の独占状態らしく、テレビが見たければあの会社と契約を結ぶしかないらしいのです。

そもそもなぜテレビを見るのに会社と契約しなければならないのか

20061015_264612

私はふと疑問に思いました。日本では特別なチャンネル以外の普通の地上波ならスポンサーがお金を出しているので私たちは広告を見ることによって、無料でテレビが見れます。

台湾のテレビも広告があり、私たちも広告を見ているのになぜテレビの費用を払わないといけないのか。

ダーリン曰くそれは、台湾の不思議な体制にあるらしく、台湾ではテレビ局が出している電波を直接私たちが受け取ることはできず、仲介の会社(ダーリンが頭に来ているあの会社)に電波が行くため、その会社と契約をしないと私たちはテレビを見ることが出来ないというシステムになっているそうです。

で、その仲介の会社は何をしているのかと言うとダーリン曰く「特に何もしていない」そうで、台湾では古い体制により特に何もしていないのにお金がもらえる変な会社が沢山あるらしいのです。

なんだか色々と理不尽な気がしますが、とりあえず中壢に住んでいる限りはその会社と契約をする以外に方法はありません・・・うーん、会社すらも選べない(ということは価格の競争もない)なんて、やっぱり理不尽!

ちなみにこのテレビ会社との契約は部屋によっては大家さんがやってくれているところもあり、その料金を大家さんに支払うだけでいいところや、料金は部屋代に込みなところもあります。

私は留学時代、テレビ代は込みで大家さんが契約などはやっているパターンだったのでこのテレビの事情は知りませんでしたし、こんなトラブルが発生したこともありませんでした。

電気・ガス・水道が止められそうになるin台湾

不思議なガスの支払い方法

a0006_001134

うちのガス料金の支払い方法は、2か月に一回自分の家のガスメーターのカウンターの数字を見てそれを記入し、そのメーター分の値段を支払うという自己申告制です。

自己申告なんていくらでもウソが書けるじゃないか!と思うのですが、(実際にウソを書いてガス代を安く済ませようとする人も沢山いるらしいですが)ダーリン曰くウソを書いてその誤差があまりにも酷いとばれるらしいです。

一体どうやってばれるのか、そもそもなぜ手書きの自己申告制なのか、色々と謎が多いですが、ダーリン曰くこれも古い体制のまま今日までこれでやってきてしまったそうで、色々おかしいといっていました。

今回はその2か月に一回のメーターの数字を書き忘れていたことで警告が来たらしく、これは明らかに我が家のミスなのですが、手書きで自己申告なんて不思議すぎます。

そして更に驚くのが、もしこの自己申告を忘れていた場合は、管理人が適当にメーターの数字を予測して書いて、その金額が請求されるそうです。

よ、予測!?なんという適当な・・・・・・・

ちなみに中壢では見た目は大きなビルなのにもかかわらず、中は実はプロパンガスを使っているなんていうところもあります。

以前賃貸マンションを探しているときにプロパンガス住宅に出会って、私もダーリンも生まれて初めて家でプロパンガスを使っているのを見ました。

電気・水道代を払っているのに止められる!?

a0150_000005

なんだか色々と問題が発生していた我が家に追い打ちをかけるように、警告の紙が来ました。

なんと「水道・電気代を払わないと2日後止めるぞ!!!」という内容でしたが、ダーリン曰く「お金はちゃんと大家さんに払っているよ、おかしいなあ・・・」とのことで、大家さんに確認すると、

なんと大家さんが水道・電気会社に払うのを忘れていたとのことでした・・・・・・・。

なんちゅう適当なんだ・・・その大家さんのうっかりのせいで、危うくも2日後に電気と水道を止められそうになった我が家。

ダーリンがダッシュでとりあえず直接お金を払いに行き、あとで大家さんから2重で払った分を返してもらうという形になりました。

電気・ガスも大家さんが管理しているところが多いですが、大家さんがうっかりものだとこういう事態になってしまいます。

とりあえず全て一件落着したので良かったですが、やはり海外、思わぬ出来事が起こるものです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カテゴリ - 台湾生活

関連記事

ブログ内の記事を今すぐ検索♪


  • KEDDY
    台湾の新北市に住んでいます。
    1986年生まれのA型の魚座。台湾が好きで台北に留学経験あり。帰国後台湾人のダーリンと運命の出会い♡をし、まさかのスピード結婚。ダーリンと二人で毎日楽しく暮らしています。詳しいプロフィールはコチラ

  •             
  •    follow us in feedly  
PAGE TOP ↑