*

結婚4ヶ月、ダーリンに嫁いで本当に良かった。心からそう思う。

公開日: : 最終更新日:2015/07/16 国際恋愛・結婚

  

こんにちは、keddyです。

周りから心配されるほどのスピード・国際結婚だった私たちですが、いつの間にか結婚4ヶ月が過ぎていました。むしろもうすぐ5ヶ月目に突入しそうな勢いです。

今日は記念日とは何の関係もない日なんですが、ダーリンと、ダーリンの家族との日々が本当に幸せで、感謝の気持ちでいっぱいなので今回はその想いと、私の4か月間の奮闘の様子を書こうと思います。

スポンサードリンク

台湾での新婚生活、毎日本当に幸せです!

2015-01-27_13.25.33

私の暖かい台湾の家族

ダーリンの家族は、すごく暖かい家族です。

パパもママも私のことを本当の娘のように想ってくれていますし、お姉ちゃんは歳が近くて友達のようです。

ダーリン家族の良いところは、笑う事が好きでいつも笑顔で、人の悪口を言わないところです。親戚もいとこたちも皆よく笑い、家族が好きで、私にもすごく親切です。

私はダーリンの家族といるとすごく幸せな気持ちになり、自然と笑顔になります。今では正直自分の家族よりも家族な感じがしているくらいで、私はこの家に嫁いで良かったと心底思います。

しかし初めから上手く言っていたわけではありませんでした。

結婚して1,2か月目の頃は、ダーリン家族が私にすごく親切にしてくれるのにも関わらず、私が慣れないせいで、関係は少しぎくしゃくしていました。

私の家は皆個人主義で、親とも姉妹とも中は良いのですが、特に両親とは普段はお互いあまり干渉しない家庭です。

18歳くらいからは家族団欒も少なくなり、就職してからは1年に1回も家族が全員集まることはなかったと思います。そしてそれが普通だと思っていました。

私の親と父親の親が同居なのですが、母方家族と父方家族はそりが合わず、嫁姑関係は良くなく、私の父親は父親としてはいい父親なのですが、母親との喧嘩が激しく、家の中はよく暴言が飛び交っていました。

人の悪口も言うし、本当にやめてほしいと子供ながらに思っていて、将来結婚したら平和な、皆が笑って暮らせる家庭を築きたいと思っていました。

ただ、実際に自分が嫁いでみると、家族団欒が多く、家族の絆が深いダーリンの家族と私が育った環境が違いすぎて、どうしたらいいのかわからずに、そんな自分が情けなく、急に泣けてくることがありました。

ダーリンの家族ははじめから私に対してすごく好意的で優しくて、私も打ち解けたいのに、心のどこかで「嫌われたらどうしよう」と思ってしまい、極度に緊張し、怖くて自分からなじむことができなかったのです。

でもいつも良くしてくれる家族に、本当に申し訳ないという気持ちが募り、私がこんなではいけないと、自分を変えようと思いました。

本当は大好きなのに、ダーリンの家族に、「keddyは自分たちと距離を取っている、壁があるように感じる、自分たちのことが好きじゃないのかな」と思われているのが辛かったのです。

ダーリンに、「まずは会話を沢山するようにしてみたら」とアドバイスをもらい、勇気を出して会話を自分からするようにしました。

すると、会話の内容はなんてことのない雑談なのですが、会話をすればするほどに私の緊張もほぐれ、私が話すことで両親も嬉しそうで、少しづつ打ち解けていきました。

自らダーリンに提案して、会う回数も増やしました。何度も会って話をしているうちに、緊張は全くしなくなり、最大の難関だった、素直に自分の「皆が大好き」という気持ちを表現することも、自然にできるようになっていました。

それから私の気持ちが家族に伝わったのか、関係は良好になり、私は本当の娘のように可愛がってもらって、今では私のほうがダーリンよりも「1週間に1回くらいは家族に会いたいな~」と思っているくらいです。

私の親は人嫌いなのか家に自分の友達を呼ぶことは許されませんでしたし、お泊りなんてもってのほかでした。親戚との交流もありませんでした。なので、友達の家にお泊りさせてもらった時には家族の暖かさに感動し、そういう家族に憧れがありました。

なので以前初めてダーリンの実家にお泊りもしたときは、私が昔友達の実家に泊めてもらった時に感じた「家族の温もり」を思い出し、夜寝る前に感極まって泣きそうになり、ダーリンに「私は幸せだよ」といい少し泣きました(笑)

まだ予定はないですが、子供を産むときは自分の親のもとよりも、ダーリン家族のもとで産みたいなとも思っています(笑)

私はダーリンに嫁いだことによって、暖かい家族ができました。本当に幸せです。これからも一緒に日帰り旅行に行ったり、ご飯に行ったり、色々なところに行きたいな~と思っています。

頼もしくて尊敬できるダーリン

2015-01-27_13.16.17

ダーリンもダーリンの家族同様明るくよく笑い、人の悪口を言わないさっぱりした性格で、出会ってから今まで、私に対してずっと変わらず優しく、すごく私のことを大切にしてくれている素敵な人です。

私の家族のことも自分の家族のように気にかけてくれ、私が体調が悪かったり疲れてる時には家事や料理は無理しなくていいよと言ってくれる思いやりがあります。

ダーリンは日本の会社で自分以外は日本人という大変な環境の中、毎日遅くまで仕事を頑張っていて、更に自分の仕事を楽しんでいて、すごく尊敬しています。

それ以外にもダーリンの尊敬すべきところは沢山あって、仕事がどれだけ大変でも仕事の愚痴を言う事はほとんどないし、

向上意欲が高いし、あまりマイナスの言葉を言わず前向きだし、疲れていても率先してお皿洗いを手伝ってくれます。

元ヤンで元オタクというよくわからない経歴を持つ彼ですが(笑)、頭の回転が速く色々な事を知っていて素敵だなあと思います。私はよく日本人なのに日本の歴史などを彼に質問します(笑)

偏食すぎて日本の家庭料理に出てくる食材のほとんどが食べられないので料理が大変すぎるという若干イライラする面もありますが(笑)、それもまるっとカバーできるくらい尊敬しています。

スピード結婚で、貯蓄も何もなく、仕事や住むところなど、正直これからどうなるかわからない私達ですが、ダーリンは心配性の私を気遣っていつも、

「keddyは家事のことだけ心配していればいいから、お金のことは何とかするから心配しないでね」と言って安心させてくれます。

思い出してみると私の父はそういう人で、うちは娘4人の大家族で普通のサラリーマン家庭でしたが、私にはいつも「お金のことはなんとかするから心配しなくてもいい」と言って安心させてくれる人でした。

私はダーリンは決断力や行動力、責任感があるところが母の父(祖父)に似ていると思っていて、「娘は父親のような人を好きになりやすい」という言葉は私には当てはまらなかったな~と思っていましたが、

ダーリンには父親に似ている要素も含まれていると最近気づきました(笑)

そんなダーリンともはじめの1・2か月はお互い生活に慣れないことから喧嘩することも多く、本当に些細なことで喧嘩していました。

日本に帰りたいと思う事もありましたし、カッとなった拍子に「勝手に日本に帰ったら離婚だ」と言われて泣いたこともありました。ダーリンは喧嘩の時の中国語の口調がすごくきついので、その言葉の節々にショックを受けすぎて辛かった時もありました。

でも後で「ごめんねあの時は強く言いすぎたよ、喧嘩になるとつい言いすぎてしまう癖があって、本当にごめんね」と謝ってくれ、

喧嘩の度にお互いの意見を聞いてお互い少しずつ改善し、徐々に喧嘩は減っていきました。

私とダーリンの家族の関係がぎくしゃくしていた頃も、特に私を責めることなくアドバイスをしてくれたり励ましてくれたりして、ダーリンのお陰で家族とも仲良しになれました。

今では「うちは嫁姑仲が良くて幸いだなあ~」と言っていますが、私からしたらパパママの性格が良いからであって、本当にダーリンとパパママが人付き合いが下手くそな私を見捨てないで暖かく迎え入れてくれたことに感謝しています。

そんな大好きなダーリンに、サプライズでプレゼントをしました!

DSC_8156DSC_8155

ふふふ♡

可愛くないですかこれ?♡

中はチョコレートなんですよ( *´艸`)

自分の好きな絵柄を4枚選べるんです♪西門で買えます。

ダーリンのパパママにも「幸福・健康」などの意味を込めたものをプレゼントしました♪

これからも、私たち夫婦と家族みんなが仲良く幸せに暮らせますように♡

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

ブログ内の記事を今すぐ検索♪


  • KEDDY
    台湾の新北市に住んでいます。
    1986年生まれのA型の魚座。台湾が好きで台北に留学経験あり。帰国後台湾人のダーリンと運命の出会い♡をし、まさかのスピード結婚。ダーリンと二人で毎日楽しく暮らしています。詳しいプロフィールはコチラ

  •             
  •    follow us in feedly  
PAGE TOP ↑