*

台湾人夫驚愕、日本のネット(wifi)の不便さが半端ない!日本へ移住後の私たちのネットとスマホ(携帯)事情

公開日: : 日本生活

  

こんにちは、keddyです。

今回は私達夫婦が台湾から日本に移住したとき、日本で家のネットやスマホの契約などネット関連はどうしていたのかというお話です。

(私と台湾人夫の日本移住のお話はこちら→台湾人夫が転職して日本に移住することになった話 前編台湾人夫が転職して日本に移住することになった話 後編(日本での新生活が始まるまで)

 

「ネットなんて契約して繋いで終わりじゃないか」と思われるかもしれませんが、私たちはドタバタで日本に移住することになり全く何の準備もしていなかったのと、

台湾で暮らしていた時の特有の考え方により、ネット関連の話だけで1記事かけてしまうほど色々ありました(笑)

台湾から引っ越してきた者的にはネット一つでそんなにネタが沸いて来てしまうほど、日本のネット環境はどうかしてるんです!!まじで!

 

私たちは台湾からの引っ越しで、日本に引っ越してきた当初は日本で使えるスマホのSIMなどはもちろん携帯会社との契約等一切していませんでした。

ですが、日本で契約しているスマホが無くても特に焦ることもなく、

「マンションにインターネットを契約するから家のネット使えばいいし、とりあえずスマホなくても大丈夫だよね~」

「マンションにネット繋がるまでもしかしたら数日はかかるかもしれないけど、どうしても調べ物したい時はカフェとか行って無料のWi-Fiですればいいよね~」

と呑気に考えておりました。

 

しかしこの考えは甘かったと、引っ越してすぐに重い知らされることになりました・・・。

まさかのまさか、私たちは日本に住みだしてから約1ヶ月もの間、このインターネット社会でネットが全く使えないというネット無しの生活を余儀なくされることになったのです・・・・・!

 

スポンサードリンク

ありえない!自宅(賃貸マンション)のインターネット回線工事まで1ヶ月

引っ越して数日、さっそくまさかの出来事にぶち当たりました。

 

プリペイドカード式のガラケーを買った後、電話でインターネット光回線工事の申し込みの電話をしたのですが、

回線工事の予定日を調整する連絡をもらうまでに3週間かかる」と言われてしまったのです!!

 

えっ!!!ちょっとまって!!!???

回線工事予定日が3週間後でも驚きなのに、連絡をもらうまでに3週間ってどういうこと!?!?!?

そんなに長く待たされるなんて考えたこともなかったよ・・・

連絡が来るまで3週間という事は、ネットが繋がる日までは・・・・・・

 

「こちらから連絡を差し上げてから日程調整となりますので、今でしたら早くても1ヶ月以上はかかってしまう計算になりますね」

と恐ろしいことをさらっと言う電話越しの担当のお姉さん・・・・

 

え?家のネットが繋がるまでに1ヶ月以上って何かの聞き間違いかな!?

台湾では何度も賃貸マンションを引っ越ししたけど、1ヶ月もネットが繋がらないことなんてなかったけど!?!?!?

 

台湾の感覚が染みついており、「家のネットは当日無かったとしても翌日、遅くても3日くらいで繋がるよね」という感覚だった私たちは愕然としました・・・。

 

台湾は持ち家はどうかわかりませんが、賃貸、少なくとも私が独身時代から渡り歩いてきた5軒の賃貸アパートやマンションでは、ネットが1ヶ月以上使えないということはありませんでした。

5軒のうち2軒は元々インターネットがついておりその日から使えるようになっており、他の3軒はその日のうちか翌日中にはネットが使えるようになってました。

入居日にインターネットの業者が休みなんてこともあったんですが、ダーリンが電話で「ネットが1日使えないなんて不便すぎて無理だ!どうにかして今日来てくれ!」と頼んで業者に休みの日に来てもらったこともありました。

(なんて融通の利く台湾の業者の方・・・涙)

お陰で台湾ではネットは引っ越したその日か翌日から、いつも快適に使えておりました。

 

なのでダーリンにネットが繋がるまでに1ヶ月以上かかる旨を伝えると私以上に理解できなかったらしく、

1ヶ月以上・・・?はぁ!?嘘だろ!?1ヶ月以上もネットが無い生活なんてありえるわけないだろ!?

それ台湾だったら喧嘩になるな、いや喧嘩どころか暴動だな。間違いなくその会社は訴えられるわ。

むしろなんでその状態を日本人は許してるわけ?大人しく喧嘩もしないで1ヶ月も待つとか正気なわけ?

と言っていました(笑)

気持ちはわかるけど、血の気が多いよダーリン!!

 

いやでもほんと、このネットが必要不可欠な時代に家のネットが使えるようになるまでに1ヶ月以上も待たされるってどうかしてるぜ!

私たちはこの時日本に降り立った時に空港で買ったプリペイドデータSIMカードの容量を全て使いきってしまっていて、速度制限で超低速なネット環境しかなく、

LINEのテキストメッセージが送れる以外は殆ど何位も出来ない状態でした(笑)

家のネットだけが頼りだったのに、1ヶ月もかかるなんて・・・・

仕方ないので、ネットが無い間の対応を考えることにしました。

 

ポケットWi-Fiという選択肢を考える

回線工事を待つのが長すぎるので、回線工事が必要ないポケットWi-Fiを契約するという選択肢も考えてみました。

ポケットWi-Fiなら1ヶ月も待たずとも使い始めることが出来ますし、家だけでなく外でも使うことが出来ます。

 

しかしよく考えると私は普段パソコン作業は家でする方ですし大量のデータを扱う事が多く、ダーリンもオンラインゲームをやる可能性があるので、

光回線よりも不安定で大量のデータを扱うのには不向きなポケットWi-Fiはあまり私達には向いていないという事で、ポケットWi-Fiは却下になりました。

 

という事で、嫌でも光回線の工事を待つしかありません。

しかしまだこの時都会育ちのダーリンと私は、「なんとかなるっしょ」と軽く考えていたのです。

 

カフェや駅に行っては見たものの・・・・

私達夫婦の中で、「ネットが無い場合にはカフェや駅に行って無料のWi-Fiを使おう!」という概念が染みついていたので、

家にネットが繋がるまでに1か月かかるのがありえないとはいえ、はじめはそこまで深刻に考えていませんでした。

しかし、私たちは日本の田舎を甘く見ていました・・・。

 

とりあえずカフェにいけば解決・・・しない!!!

台湾の台北やその他主要都市とその付近のカフェには当たり前のようにカフェ自身が飛ばしている無料のWi-Fiがあって、店員さんにパスワードを聞いて無料でつなげて使えるようになっています。

カフェで食事中は、無料で何時間もWi-Fiを使いたい放題という素晴らしいシステムです。

という事で自然の流れでカフェに行こうとなったのですが・・・

 

ダーリン「ま、とりあえずカフェ行ってネットしよかー」

keddy「そうだね、ちょっと調べ物もしたいし」

ダーリン「で、カフェってどこにあるの?」

keddy「・・・知らない」

 

 

私たちの考えは日本では通用しませんでした。

何故なら、吉幾三もビックリな田舎には、カフェなんて洒落てるものはそもそも存在しなかったのです!!!( ̄□( ̄□( ̄□ ̄;)!!ガーンガーンガーン………

 

まじかよ・・・・

まあそりゃそうだよな・・・チャリでちょっと走ったら田圃が広がっているくらいだもんな・・・

 

しかしネットが使いたくてうずうずしている私たちはまだ諦めません!

わざわざ電車に乗って、カフェがある街まで行きました。

よっしゃ!!!これでネットが使えるぜ!!!!

 

結果、カフェはありましたが、Wi-Fiが無い・・・!!!Σ( ̄ロ ̄lll)

 

あっても「auやドコモ、ソフトバンクなどのキャリアと契約している人か、何かしらのサービスにお金を払って契約している人が無料で使えるWi-Fi」が飛んでおり、それらに契約していない人は使えません。

台湾から帰ってきたばかりの私たちがそんなものに契約しているわけもなく、何の契約もしていない私たちが、今すぐに繋いで使えるそのカフェ自身のWi-Fiというものはありませんでした。

(日本でも大都市なら沢山無料Wi-Fiスポットもあるかと思います)

 

2人「信じられない・・・カフェに無料Wi-Fiが飛んでいない事なんてあり得るのか・・・不便にもほどがある・・・!!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

外国人に対して何たる仕打ち・・・(´;ω;`)ウッ」

 

後で知ったのですが、スタバにはスタバの無料Wi-Fiがありました。(事前に登録が必要)

スタバがあるオシャレタウンに住んでいる人は是非!

 

駅に行けば解決・・・しない!!

ダーリン「カフェが駄目なら駅だろ!」

keddy「そうだそうだ!!」

 

台北のMRT駅には「taipei free」という無料Wi-Fiが飛んでいます。

なので「駅に行けば無料のWi-Fiがあるのでは?」と考えた私たちは、駅の無料Wi-Fiが飛んでいる事を祈って駅に行ってみました!

が、最寄り駅はあまりにも辺鄙すぎて案の定Wi-Fiは飛んでいませんでした。つらい・・・(´;ω;`)ブワッ

 

しかしまだ諦めきれません!

駅まで来たのだから、電車に乗って栄えている街まで出てみます!!

すると・・・駅ビルに無料Wi-Fiが飛んでいるところがありました!

おお~~やっぱり日本にもあるじゃないか(´;ω;`)!!!

2時間の接続制限があることと、誰でも簡単につなげるものだったのでセキュリティの問題上出来ることは限られますが、調べ物をするくらいなら全然OKです。

 

後で知ったのですが、このWi-Fiは東京オリンピックを見越して去年整備されたばかりだそうでした。

こういう無料Wi-Fiスポットがあることで、外国人はとても助かることでしょう。

 

しかし私たちの場合、この無料Wi-Fiを使うためだけに毎回わざわざ電車に乗って行くのは現実的ではありません(笑)

何か他の方法を考えることにしました。

 

最寄りのファミマに無料Wi-Fiが!

ネット無し生活になって2週間くらいたった後に気づいたのですが、最寄り(といってもそんなに近くない。笑)のファミマに無料Wi-Fiが飛んでいました!

最初に登録は必要なので登録するために何かしらのネット環境が必要ですが、速度制限がかかっているプリペイドSIMで奮闘すること数分・・・

何とか登録できて、その後は無料Wi-Fiを使うためにファミマに行っていました(笑)

セブンイレブンやローソンなど他のコンビニでも無料Wi-Fiを飛ばしているようです。

Wi-Fiを使いたい外国人はコンビニへGO!!(笑)

 

意地でもスマホを契約しない私たち

「てかソフトバンクとかに行ってスマホ契約しろよ!そしたらネットできるよ!」と多くの人がこの時点で思っていると思います(笑)

この時の私達の携帯事情は、1台のプリペイドカードのガラケー(電話専用)と、台湾で使っていたiPhoneに日本に来たその日に空港で買ったデータ通信専用のプリペイドSIM(既に速度制限がかかっている)を挿しているのみでした。

 

日本に来た初日にソフトバンクかauかドコモに行ってサクッとスマホを契約したら、わざわざ無料Wi-Fiスポットを探す旅に出なくて済んだのです。

でも私たちは意地でもスマホの契約・・・というか「契約」と名の付くことは極力やりたくなかったのです。

 

縛られたくない

私たちは遊牧民のように住む場所を転々とする生活で、突然引っ越しになる可能性が今後も大いにあります。

ダーリンの仕事も今後どうなるかわからず、いつまたダーリンの気分次第で台湾に戻って住むことになるのかも、または全く住んだことのない第三国に住むことになるのかもわからないのです。

なので2年縛りとか3年縛りとか、縛りがつくものは極力避けたいと思っていて、家のネット回線が2年縛りになるので縛りはそれ一つでもう十分です。

何かに縛られる人生なんてまっぴらごめんよ・・・・!!(違う)

 

日本の携帯代、高すぎ!

あとは単純に、日本の携帯代が高すぎます!!!

なんせ台湾で激安プリペイドSIMで生活していた私たちですから、携帯代に一人月7000円とか払うのがもう無理なんですよね・・・(笑)

私たちは台湾では「携帯会社と契約しないでプリペイドSIMカードを使い続ける」という台湾人でも今時やっていないような究極の節約術で、携帯代はほとんどかかっていなかったのです。

日本でもその作戦で行こうとしていたのですが、日本はプリペイドSIMが高すぎてその作戦は使えませんでした・・・。

 

日本のプリペイドSIM使用を試みるも、高すぎ!

私が空港のビッグカメラで吟味して購入した店頭にあったSIMの中で一番安いと思われるSIMが、使用期限が1ヶ月で2GBで3000円です。ヒエー!!!

更にこれ、電話とSMSは使えません。

通話機能が欲しければ音声通話対応SIMを買わなければいけないのですが、ビッグカメラの店員さん曰く

「音声通話ができるプリペイドのSIMカードはそもそもあまりなくて、今あるのは使用期限が1週間で約1万円のものだよ。」

と・・・・・。

 

ハァ!?1週間で1万円!!!!!( Д ) ゜ ゜ポンッ

・・・日本でのプリペイドSIM生活を諦めた瞬間でした(笑)

 

余談ですが、驚くべきことに、ビッグカメラで買ったSIMを店員さんにスマホに挿してほしければ有料でした。

そんなところでマネーを要求されるなんてΣ( ̄ロ ̄lll)

そんなの台湾なら無料でササッと挿してくれるのに~~~~!!!!!! !

あれか!この国はなんでも金が必要なのか!?やっぱり世の中金が全てなのか!?!?(笑)

ビッグカメラで今後の日本生活がやっていけるのか心配になって震えた私たちでした。

 

格安SIMの契約には日本のクレジットカードが必要

台湾ではずっとプリペイドSIMを使い続け何者にも縛られない孤高の旅人(ただの生活不安定者)な私たちでしたが、

日本のプリペイドカードは高いので重い腰を上げて格安SIMのお店に行き、契約を検討してみました。

格安SIMなら音声対応でも月々2000円や3000円程度のものもあるのだそうですが、台湾でのプリペイドSIM生活を考えるとこの値段でも高いなと思ってしまう私たち・・・(笑)

 

でもまあそれでスマホが維持できるなら契約しようかなと心が傾きかけた私たちですが、ここでもまた外国から来たものへの仕打ちが・・・

格安SIMの契約には日本のクレジットカードが必要になるのです!!

(※まれに会社によって口座振替などが出来る格安SIMもあります)

 

お店の人に「え!クレジットカードないんですか!?じゃあちょっと・・・契約は無理ですね・・・・・」と若干引き気味に言われてしまう私たち・・・。

だーかーら私たち日本に来たばかりで日本のクレジットカードがないのよ!!!

ちょっとマジでなんなの!?日本でクレジットカード無いってどんだけ不便なのよ!?

私たちは今すぐにネットが使いたいだけなのに・・・(´;ω;`)

 

ネットが無い間の生活

奔走して疲れたので結局全てを諦めて、ひたすら家の光回線の開通を待つことにしました。

今時ちょっとした調べものからお買い物、地図を見たり何かを契約したりまで全てインターネットを使うのが当たり前になっているこの時代に、ネットが全く無い生活って想像できますか?

ネットが無い生活はそりゃあもう不便なんてもんじゃないです。

 

引っ越し直後で一番調べ物や何かしらの申請が必要なときなのにも関わらずネットが無いせいで何の作業も進めることが出来ず、日常に衝撃の事件がありすぎて書きたいネタが満載なのにネットが無いのでブログを更新できないというこの苦行・・・

考えるとイライラするので、ネットが無い間は開き直って心を無にして1日中テレビを見ておじいちゃんみたいな生活を送っていました(笑)

 

ネットが無いと、一日が長いです。

掃除するのが好きではない私も(主婦失格!)このときばかりは掃除をしすぎて家がピカピカ光り輝いていましたし、

暇すぎてベランダに洗濯物を干しているときにうっかり目が合ってしまったお隣さんのイケメン大学生といけない恋が始まってもおかしくない(問題発言)と妄想を拗らせたり

(※お隣さんは空部屋です。目が合ったらまさかのホラー展開・・・笑)、

タンスから自分のお気に入りの可愛い靴や服やバッグを出して来て「うふふ・・・・なんて可愛い子たちなの・・・」とひたすら愛で、オシャレっぽい写真を撮って楽しむだけ(SNSには上げない、いや物理的に上げられない)という根暗っぽい謎の遊びが自分の中で大流行したりしました。

 

ネットがあった時には開くこともなかった「タウンページ」の存在と、電話の有難みがわかりました。

料理の際に私が結婚以来心の友としてきたクックパッドが開けないのは最大の苦行で、自分の限りある引き出しの中から如何に毎日被らないで3食料理を作るかというのがどれだけ大変かがわかりました。

私は戦国武将が好きで戦国時代の姫になりたいという妄想をしていたこともありましたが、戦国時代はネットが無いから辛いだろうしそもそも姫は人質になるからやっぱりその夢は諦めようと考えを改めました(何の話)

 

そうして本当はやらなければいけないことが山ほどあるのに出来なくて悔しい気持ちをごまかして、1ヶ月もの間時間を無駄にし続けました(笑)

 

1か月後、家のネットが開通、のはずが・・・

後日ネットの回線工事が必要かを調べてもらったところ、工事は前の住人のときに終わっているので工事無しで自分たちで送られてきたVDSLを設定して下さいとの事でしたが、それでもきっちり1ヶ月以上は待たされました。

工事無しで平日の昼間もOKだから1ヶ月ちょっとの待ちで済んだものの、工事が必要で休日のみしか無理な場合にはさらに時間がかかるとの事でした・・・いやそっちの人のほうが多いよね普通・・・日本恐るべし。

 

そうして1ヶ月と少しが経った頃、待ちに待った家のネットが開通しました!

・・・と言いたいところですが、しませんでした・・・。

 

ネットが繋がらないので原因を調べるべく色々設定を見てみましたがVDSLやパソコンや無線ルーターの設定などこちら側の問題ではなかったので業者の方に来てもらったところ、

マンションの下にある配線が間違っていたそうで・・・( ̄ロ ̄lll)

前住人の契約していたインターネットの業者の人が間違えて配線していたそうでした・・・そんなことってあるんかい!!!

 

このネットが繋がらない原因の調査や業者を呼んだりもろもろで、丸一日かかりました。

この時私は思いました。

私が平日昼間に家に居る主婦だったから良いものの、2人とも平日昼間に居ない夫婦の家庭なんかは一生家にインターネットが繋がることはないのではないか、と・・・。

 

まさかのネット故障

せっかくネットが繋がり安定した生活が送れるかもと思っていた矢先、約1週間後突然ネットが繋がらなくなりました。

また半日がかりで原因を調べたのですがこちらは特に問題が無く原因不明で、どうにかしてほしいので業者に連絡すると、連絡が着くまで1時間くらい待たされまくった挙句、

「工事の予定が詰まっていまして・・・早くても明日以降になってしまうのですが・・・」と言われてしまいました。

で、出たー!!またしても待たされるパターン!!!!

ネットが急に繋がらなくなったのって、私全然悪くないのにヒドーイ☆

 

もうさすがの私も頭に来て、「どうしても今日中にお願いしたいんです。夜どれだけ遅くなっても構いません、待っていますので(ニッコリ)」と言ったところ、

何故か3時間後にすぐ来てくれました。ラッキー☆ (ゝω・)

 

結局マンションの私の部屋の配線のところの機械が老朽化によって故障したらしく(老朽化で故障って・・・流石古い賃貸・・・)、業者の人が速やかに新しい機械に交換してくれてネットは復旧しました。

これ以降安定してネットは使えていますが、ネット開通まで散々待たされた挙句にこんなにトラブルがあるとは正直思いませんでした・・・ああ疲れた。

 

台湾から日本に移住したときに快適にインターネットを使うためには

そんなこんなで私たちは結局家のインターネット回線工事をひたすら待ち続けて1ヶ月間ネット難民だったわけですが、これから台湾から日本に移住するかもしれない皆さんはそうはなりたくないですよね。

日本の家のインターネット回線工事は時間がかかることがあり、1ヶ月以上待たされる可能性があります。

これはもう、どうしようもないです。

なので「家のネット契約するから、引っ越したらすぐに家のネットを使えばいいや」という考えは捨てたほうが良いです。

(都会の高級な賃貸やシェアハウスなどはもしかしたら入居したその日からネットが使えるかもしれませんが・・・)

 

その事を念頭に置いて、日本に移住したその日からネット難民にならずに済む方法を考えてみました。

 

日本に引っ越したその日にソフトバンク・au・ドコモのどれかに行ってスマホを契約する

一番楽なのはこれです。

日本に引っ越したその日にスマホを契約すればデータ通信が使えるので、たとえ1ヶ月間家のネットが使えなくてもネットで困ることはありません。

ソフトバンクなど大手キャリアではクレジットカードがなくても契約できます。

この日から便利な生活が送れますが、デメリットは月々の携帯代が高いという事です。

 

日本に引っ越したその日にポケットWi-Fiを契約する

インターネットでネットサーフィンくらいできればいいという人は、そもそも回線工事が面倒な光回線を契約しなくても、ポケットWi-Fiルーターを契約すればいいと思います。

会社によってはクレジットカードがなくても契約でき、契約したその日から使えます。

しかしネットでネットサーフィン以外にも画像や動画の編集をしたいとかPS4でオンラインゲームをやりたいとかいう人には向きませんので、そういう人は嫌でも光回線の回線工事を待つしかありません・・・(笑)

 

格安SIMで安く済ませたい人は事前に日本のクレジットカードを作っておく

大手キャリアは高いから契約したくないという人は格安SIMを検討すると思いますが、多くの格安SIMは契約に日本のクレジットカードが必要になります。

※会社によってはクレジットカード無しでも契約できるところもあります

そのため、事前に何とかして日本のクレジットカードを発行しておく必要があります。

(とはいっても台湾に住んでいるうちに日本のクレジットカード発行してもらうなんて不可能なので、現実的には難しいところなのですが・・・)

 

今時はクレジットカードの申し込みもネットでする場合が多いですし、特に田舎で近くに店が無い場合にはネットで申し込みをしたいところです。

なので私たちのようにネットもクレジットカードも無い田舎という環境だと、

「ネットが無いとクレジットカードの申し込みができない、でもクレジットカードがないと格安SIMやポケットWi-Fiの契約は出来ない・・・」という悪循環に陥ります(笑)

 

まとめ:台湾と日本のネット環境が同じと思うべからず。

台北で適当にカフェに入ったら無料のWi-Fiが飛んでて、MRTにもWi-Fiが飛んでて、引っ越ししても当日にインターネットの会社の人がネットを使えるようにしてくれるなんていう生活を送っていた者にとって、

日本に引っ越したばかりの(田舎の)ネット環境は不便なことこの上ありません。

 

ダーリン以外の台湾人の友達にも「家のネットが繋がるまでに1ヶ月かかるらしい」と言ったら

それは暴動もんだね・・・日本人はよくそんなの耐えられるね。訴えたほうが良いんじゃない?

とダーリンと全く同じことを言っており、

とりあえずカフェに行って無料のWi-Fi使ったら?

とも言われ、思考回路が私たちと全く同じでした(笑)

それが出来たら苦労はしなかった・・・(´・ω・`)

 

でも私もダーリンも日本の田舎はそういうもんだと最初からわかっていたら、もっと早いうちに仏の境地になれて精神的ダメージは減ったかもしれません。

前知識があるって大事なことなんですね・・・(笑)

 

私たちの現在のネット環境

私たちは現在、家は光回線(ここはケチれない)、スマホは格安SIM(データ通信のみ)+ガラケーという超節約形態に落ち着きました。

節約しても通信系は(も)台湾に居た時よりもお金がかかりますが、物価の高い国に住んでいるのでこればかりは仕方がありませんね・・・。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ブログ内の記事を今すぐ検索♪


  • KEDDY
    台湾の新北市に住んでいます。
    1986年生まれのA型の魚座。台湾が好きで台北に留学経験あり。帰国後台湾人のダーリンと運命の出会い♡をし、まさかのスピード結婚。ダーリンと二人で毎日楽しく暮らしています。詳しいプロフィールはコチラ

  •             
  •    follow us in feedly  
PAGE TOP ↑