*

台湾が好きすぎて・・・台湾リピーターになると困ること

  

こんにちは、keddyです。

日本で出会った台湾人と偶然国際結婚してしまった私ですが、私と台湾の関係が始まったのは元をたどれば私が台湾旅行に来て台湾にハマったところからでした。

遡ること数年前、私が台湾に語学留学をするもっと前に私は初めて来た台湾旅行で台湾に魅了されてしまいました。

特に台湾アイドルが好きだったわけでもなく、むしろ台湾について何の知識もないまま訪れた台湾でしたが、

のんびりした空気や台湾人の人柄、ノスタルジーを感じる雰囲気が私にとってはとても魅力的でまんまとはまってしまったわけでした。

 

台湾にハマった私は日本にいる間台湾への想いが募りすぎて、ちょっとこれなんかの病気かな?くらいに禁断症状が出ていました(笑)

 

台湾に行きたくてうずうずする。

カレンダーを眺めて連休があると台湾に行く計画を立てだす。

台湾旅行から帰ってきたばかりなのにすぐにまた次の台湾旅行の計画を練り、航空券さえも取ってしまう。

夜市に行きたい。麺線食べたい。あのごちゃごちゃした空間に身を置きたい。

台湾のことを考えすぎて胸が苦しい。

 

そんな症状の社会人だった私は連休になると台湾を訪れており、気づけばすっかり何度も台湾を旅行する台湾リピーターになっていました。

パスポートのスタンプは殆どが台湾で埋まり、私の20代は殆どが台湾で占められていたといっても過言ではないくらいです。

周りの人に「なんでそんなに台湾が好きなの?」と呆れられながらも台湾リピーター生活は楽しかったですが、困ったこともありました。

 

スポンサードリンク

他の国へ行けなくなる(物理的に)

社会人だった私は自分の連休・有休を全て台湾に使ってしまっていたため、他の国に行く時間がありませんでした。

私は台湾旅行はもちろん好きですが海外旅行が好きなので連休に他の国へ行くことも頭を過ったこともありましたが、

当時は「台湾に行かないと胸が苦しくなる病」にかかっていたので結果最終的には台湾を選んでいました(笑)

結婚した今はそんなに簡単に海外に行けるわけではないので、「あの頃もっと他の国も沢山行っておけばよかった」と当時の休みの使い方を少し後悔しています(笑)

まあ当時やりたかったことは大体全部やってきたので実際はそんなに悔やんでいるというわけでもないのですが、貴重な独身時代の使い方が若干おかしかった感は拭えません(笑)

 

万年金欠になる

当時はLCCなんてなかったので何度も台湾に行くので航空券代だけでもバカにならず、その上服や化粧品を買ったりとかショッピングも大好きなので貧乏一人暮らしOLは生活が大変でした・・・本当に困ったものです(笑)

その点現在はLCCがあるので台湾旅行好きにも優しくなっていますよね。

その分気軽にリピーターになれてしまうかも・・・怖いですね(笑)

 

他の国へ行けなくなる(精神的に)

海外旅行好きは他の海外にも行きたいところですが、いざ計画を立てようとすると当時の私は台湾旅行に慣れてしまったため他の国に行くのが正直少し億劫になってしまっていました。

台湾は飛行機に乗る時間が短いので飛行機もさほど苦ではないですが、アメリカやヨーロッパなど他の遠めの国に行く場合には飛行機の時間の長さを考えて「14時間も飛行機しんどそうだなぁ・・・」と億劫になってしまいますし、

アジア圏なら近いので距離的には行きやすいのですが、人が激しい香港や中国に行くのは躊躇われるようになります(笑)

台湾人が優しすぎるので、「他の海外に行って道を聞いて無視されたらどうしよう・・・」とか「治安が悪すぎて物を盗まれたらどうしよう・・・」とかそういう台湾では心配する必要が無い人の心配や治安の不安も出てきます。

 

海外に行くというのは元々色々な困難がありそれを体験してこそまさに海外旅行とも言えなくもないのですが、台湾があまりに心地が良いので他の国の未知なるリスクを想像して、

「やっぱり次回の連休も台湾行こう。慣れてるし、安全だし」となってしまうのです(笑)

 

台湾に男が居ると勘違いされる

私が連休の度に台湾に行くので、当時職場の人に「keddyさんは台湾に男が居るらしい」と勘違いされ噂が出回り、否定しても「またまたあ、良いって良いって」とニヤニヤしながら言われるのでまあまあ困りました(笑)

台湾に行っていた頻度的に勘違いされるのも無理もないのですが、残念ながら当時の台湾旅行と言えば女子旅か一人旅でした(笑)

台湾リピーターが過ぎると彼氏もいないのに「台湾人との遠距離恋愛、大変なんだろうなあ」と勘違いされ同情までされてしまう可能性がありますのでご注意を!?(笑)

 

台湾旅行の内容が意味不明になってくる

台湾リピーターの中には「もう大体のところは行きつくして行く観光地が無くなって困るなあ~」なんて思いつつも、

連休が来ると「あれ!また台湾に来てしまった!おかしいな!」なんていう人も多い気がするんですが私もそうでした(笑)

通常旅行といえば有名な観光名所を巡って美味しいその国のご当地グルメを食べて・・・という感じですが、

あまりにも何度も台湾に旅行していると段々することがなくなってきます(笑)

 

当時私は台北が大好きで行くのはほとんど台北でしたが、九份とか中正記念堂とか有名な観光名所をまわったのは最初のうちだけで、

その後台北でしたことと言えば現地の友達とカラオケに行くとか部屋でダラダラするとか日台交流会に参加するとか夜市行って適当にクラブに行くとかで、

食事も有名な小籠包レストランとかには行かず小汚いローカルレストランで適当に麺を食べたりとかしていました(笑)

 

私の過去のおかしな旅の記録です↓(笑)

絶対に真似してはいけない、台湾女子一人旅【台湾人との交流】

【週末】貧乏OLが行く!台湾台北クレイジー女子旅【弾丸】

 

最近では台湾の田舎に目覚めて古跡とか古い建物とかそういうのに興味津々なのですが、当時は若かったので基本的に台北で夜遊びばかりでした(笑)

台湾の田舎が好きな台湾リピーターは台北以外の土地を詳しくまわったり台湾一周とかするのでしょうが、私は今になってやっとそういう楽しみ方が好きになってきたという感じです。

台北の都会も変わらず好きなんですが、今では台湾は田舎のほうが味があっていいと思っているくらいです。

まあ旅行なんて自分が楽しめたらそれでいいんですから、旅行の内容が若干意味不明でも楽しかったら全然良いですよね。笑

 

お土産が意味不明になってくる

何度も台湾に行っていると職場へのお土産など人にあげるお土産に困ります。

パイナップルケーキを買いつくし、太陽餅とかお茶とかパックとか台湾のベストヒットお土産を買いつくした結果何を買ったらいいのかわからなくなりスーパーで謎の現地の食材を買って帰ったりしていました(笑)

でも台湾がさほど好きでない人からしたら気持ち悪がられる可能性があるので、やっぱりお土産は万人受けするパイナップルケーキなどの無難処が間違いがないと悟った次第です(笑)

 

中国語が勉強したいと思うようになる

台湾リピーターの人って少し中国語が出来るという人も多いような気がします。

台湾を旅していた頃の私は英語も中国語も話せませんでした(笑)

なんとなく気合で乗り切っていましたが台湾人とコミュニケーションとれたほうが楽しいですし、流暢な会話とまでいかなくとも少しくらい中国語がわかったほうが便利だろうなとか色々思うようになり、中国語が勉強したいと思うようになりました。

台湾旅行が好きで中国語まで勉強しようかとか思うのは自分でもなかなかのハマり具合だったと思います(笑)

 

台湾に住みたくなる

台湾リピーターで「台湾に住みたい!」と思っている人は少なくないのではないかなと思います。

私は台湾リピーターだった当時、台湾が好きすぎて次第に住んでみたいと思うようになりました。

「もうこんなに台湾ばっかり行くんならいっそのこと住んでしまったらいいのでは・・・」ってな感じですね。

しかし当時会社員をしていた私にとっては、これがかなり私を悩ませました(笑)

結局その後私は安定した会社を辞めてまで語学留学することを選びました。

本当、台湾って恐ろしい子!(笑)

 

まとめ

台湾リピーターであった私はこのように色々困ったことに遭遇しながらも、楽しい旅行生活を送っていたように思います。

台湾って近いですし治安も良く日本人にも優しいという、とってもリピーターになりやすい国なんですよね。

治安の良さは女子旅や女子の一人旅にも優しくて、女子の台湾ファンが多い理由はここにもあるのではないかなと思います。

今ではLCCもあるしスマホもあるし、日本との距離が本当に近くなりました。

リピーターをこじらせて台湾に住んでしまうのか・・・はあなた次第ですが(笑)、台湾旅行は楽しいので台湾ファンが増えるといいなあと思っています♡

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

ブログ内の記事を今すぐ検索♪


  • KEDDY
    台湾の新北市に住んでいます。
    1986年生まれのA型の魚座。台湾が好きで台北に留学経験あり。帰国後台湾人のダーリンと運命の出会い♡をし、まさかのスピード結婚。ダーリンと二人で毎日楽しく暮らしています。詳しいプロフィールはコチラ

  •             
  •    follow us in feedly  
PAGE TOP ↑